9. 和風だれでいただく。つくしの韓国チヂミ

山菜のつくしを韓国料理のチヂミの具に使う、なんとも斬新なアイデアレシピです。作り方は普通のチヂミと同じですが、違うのは具材です。つくしといっしょに、春野菜の菜の花も使います。オレンジ色のにんじんと菜の花の緑色のコントラストがきれいです。
めんつゆとポン酢を混ぜた和風だれで召し上がれ。

食べ方いろいろ。つくしレシピを楽しもう

寒さが厳しい冬が過ぎれば、温暖な春が到来します。山菜が持つほろ苦さは、人の身体にその訪れを実感させる効果がありますね。

伝統的な和食のレシピに留まらず、つくしを使うレシピは少しずつ幅を広げています。山菜は多少の苦味がありますが、しっかりと下処理をすれば食べやすくなります。パスタやグラタンなどの具材に使えば、お子様でもおいしくいただけますよ。

ぜひ、つくしレシピのアレンジを楽しんでみませんか?
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ