ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

ナパージュってどんなもの?

お菓子さんで並んでいる宝石のようなケーキ。見ているだけでもうっとりするほど美しい仕上がりですよね♪実は「ナパージュ」ってケーキのつや出しをしている食材なんです。フルーツケーキやムースの上にぬるだけでキラキラとキュートに仕上がるだけでなくケーキの乾燥を防ぐという大切な役割も果たしています。

ナパージュの作り方をご紹介♪

ナパージュはおうちでも簡単に作ることができます。最低限必要な材料は「ゼラチン・お砂糖・水」の3つだけ!どれもスーパーで気軽に購入できる材料です。「ペクチン」を使った方法もありますが、ペクチンってなかなかおうちで使いませんよね。そのためおうちで気軽に作るならゼラチンのほうがおすすめです。 まずは分量を量りましょう。ゼラチンはお砂糖と水を合わせた分量の2%を用意!たとえば水を80g、お砂糖を20gならゼラチンの量は2gです。ゼラチンの量が多すぎるとゼリーになってしまうので慎重に計量しましょう。 次に作り方です。お鍋にお水と砂糖を入れて砂糖が溶けるまで火にかけます。溶けたらあらかじめ氷水で戻しておいたゼラチンを入れて粗熱がとれたら完成です。完全に冷める前にケーキの上に刷毛でぬっていけばキラキラとおいしそうなケーキに仕上がります。

通販での購入が便利です!

ITEM

ナパージュ

¥605〜 ※2018年01月24日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ナパージュを作る時間がないときや作るのが面倒なときは市販のものを使うのがおすすめ!インターネットで簡単に購入することができます。 使い方はとても簡単!フルーツタルトやパウンドケーキなどにつやを出すために使うときは、ナパージュに対して20%の水を入れて火にかけましょう。例えばナパージュを100g使いたいときは水は20gですね。ナパージュが完全に溶けたら熱いうちにフルーツやケーキ生地にのせて使いましょう。

ナパージュを使った絶品デザート5選

1. りんごのタルト

サクッとしたパイ生地にしっとりと甘いりんごをトッピングしたりんごのタルトです。仕上げにアプリコット風味のナパージュをぬることでつやが出て見た目も華やかになります。パイ生地を作る時間がないときは市販のものを使ってもオッケー♪りんごの下にカスタードクリームを乗せるのもおすすめです。卵と牛乳のやさしい風味がプラスして満足度がアップしますよ。

2. レモンのパウンドケーキ

フランスの伝統のお菓子「ウィークエンドシトロン」です。レモンの爽やかな風味とフレッシュな酸味が甘い生地にベストマッチ!仕上げにナパージュをぬることで生地の乾燥を防ぎテリとつやをあたえています。さらにナパージュの上には粉糖とお水で作ったグラス・アローをぬることでサクッとした仕上がりに♪冷蔵庫で2~3日おいてから食べたほうが生地がしっとりとなじむのでおすすめです。

3. アプリコットのチョコレートケーキ

オーストリアの伝統のお菓子「ザッハトルテ」です。ふわっとした生地にしっとりとしたアプリコットのナパージュとチョコレートのフォンダンをトッピングして表面をつややかにキラキラと仕上げます。口当たりがよく見た目も豪華なケーキなので特別な日のデザートやバレンタインのプレゼントにぴったりです♪
Photos:5枚
りんごのタルト
レモンのパウンドケーキ
アプリコットのチョコレートケーキ
2種のベリーのチーズケーキ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS