ライター : migicco

神奈川在住。2歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好きなアイスは雪見だいふくです。

はっさくのおいしい楽しみ方、むき方をご紹介!

2月から3月にかけて旬を迎える柑橘類、はっさく。寒い時期のビタミン源として重宝するフルーツですね。そのまま食べてもおいしいですが、身や皮を料理の素材として使うと、また違った楽しみ方ができます。 今回は、はっさくを使ったおいしいレシピをまとめてご紹介。また皮の固いはっさくをきれいにむく方法も、あわせてご紹介します。 スーパーで安いはっさくを見かけたら、ぜひお試しくださいね。

はっさくのむき方

きれいなむき方

はっさくは皮もじょうのう(薄皮)も固いため、薄皮まで完全にむいてから食べるのをおすすめします。無理に薄皮を食べると、うまく消化ができなかったりするのでご注意を。外側の固い皮は手でむきづらいので、包丁を使うのがおすすめですよ。 はっさくを包丁でむく際は、まず上下を切り落とします。そして側面の皮をリンゴのように渦巻き状にむいていきましょう。外側の硬い皮だけではなく、薄皮もまとめてむくことができます。 側面の皮が全部むけたら、真ん中から放射状に伸びている薄皮に添って包丁で切れ目を入れていきます。包丁を入れていくと、身するっと外れますので、全ての身が取れるまで繰り返し切れ目を入れましょう。外れた身に種がついているときは、指でつまんで取り除きます。 この方法でむいたはっさくは身の崩れも少なくきれいな見た目なので、お菓子作りにも重宝しますよ。

はっさくはどうやって食べる?

そのまま

次に、はっさくの食べ方のバリエーションをご紹介します。 はっさくをむいたら、まずはそのまま食べたいですね。むきたてをすぐでもおいしいですが、冷蔵庫でキンキンに冷やすのもおすすめですよ。

塩や砂糖をかけて

はっさくの酸味や苦みが気になる時は、グレープフルーツを食べる時のように砂糖をかけてみましょう。酸味が和らいで食べやすくなるので、子どもが食べるときにもおすすめの方法ですよ。 また、地方によっては塩や醤油をかけて食べることもあります。はっさくの酸味をおさえ、甘みが増したように感じられる食べ方なので、ぜひお試しくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS