ライター : yuco_1111

高校男女の子どもを持つアラフィフ母です。 兼業ライターをやりつつ、お弁当作りにハマって毎朝早朝よりせっせとお弁当製作にいそしむ日々です。

チョコレートケーキの王様

オーストリア発祥のチョコレートケーキ、ザッハトルテ。1832年に初めて供されたザッハトルテは、その濃厚なおいしさにひと晩でウィーン中のうわさになったとか。その後、ホテル・ザッハと洋菓子店デメルとの間に繰り広げられた、ザッハトルテをめぐる争いも有名です。 気品あふれるその美しさから、チョコレートケーキの王様とも評されるザッハトルテ。製作工程が多く、難しいと思われがちですが、実は家庭でも十分に作れるチョコレートケーキなのです。

本格ザッハトルテのレシピ4選

1. ホテル・ザッハー風のザッハトルテ

チョコレートとアプリコットジャムのバランスが魅力のザッハトルテ。ずっしりとした重量感もそのままに、ホテル・ザッハー風に仕上げたレシピがこちらです。チョコレートケーキの祖とも言われるザッハトルテは、ひとつひとつの段階を丁寧に行うのがポイント。コーヒーにぴったりの濃厚な味わいです。

2. デメル風のザッハトルテ

ザッハトルテにはウィーンの老舗ホテル、ホテル・ザッハー風と洋菓子店の老舗デメル風のものの2種類があります。その違いはアプリコットのジャムを間にはさむか、うえに塗るかの違い。こちらのレシピはデメル風。ジャムはいちど網などで濾して、粒をとりのぞくのがポイントです。

3. 本格派のためのザッハトルテ

プレゼントにしても見栄えするのがザッハトルテのいいところ。丁寧に作ったザッハトルテを手土産になんて気が利いていますよね。しっかりとしたチョコレートに包まれた柔らかいスポンジは、ザッハトルテの身上。固く泡立てたメレンゲの泡をつぶさないように生地と混ぜるのがコツですよ。

4. 至福のザッハトルテ

工程が多くて、作るのが大変!としり込みしたくなるザッハトルテ。しかし、メレンゲを固く泡立てたら、あとは順番に混ぜていくだけです。いくつもある工程をひとつずつ丁寧に行えば、特別難しいことはありません。最後のクライマックス、チョコレート衣も思い切って掛けるのがポイントです。

簡単に作れるザッハトルテレシピ3選

5. バターと生クリーム不使用のザッハトルテ

乳製品が苦手という方におすすめなのが、こちらのザッハトルテ。ザッハトルテの濃厚さはそのままに、生クリーム、バターを使わず軽く仕上げたレシピです。バターの代わりにサラダオイルを使うので、なめらかで軽やかなくちどけのスポンジが楽しめます。スポンジにラム酒を加えても美味◎

特集

FEATURE CONTENTS