ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

たまには、素敵におフランスな気分♪

Photo by ako0811

ショコラショー(chocolat chaud)とはフランス語、おしゃれな響きですね。固形タイプのチョコレートではなく、飲むチョコレートを指しており、日本ではホットチョコレートとして広まっています。ココアと同じ?と思われがちですが、全く違います。ショコラショーは、ミルクにチョコレートを溶かしたもので、カカオバターの粘り、チョコレート本来の味が強く感じられる飲み物です。とても濃厚で、ビターな香り、特に寒い時期にぴったり。 歴史ある建物の中で、ショコラショー片手に優雅にカフェタイム、本場パリの空気感が伝わってくるようです♪

ショコラショーの基本レシピ

Photo by ako0811

ショコラショーの作り方はとてもシンプル。基本的には、ミルクにチョコレートを溶かすだけなんです。それでも、お店によって味が違います。溶かすチョコレートの種類、トッピングなどでオリジナリティを出すことができるからです。今回は、いつでも手に入る板チョコを使って作りました。ぜひ、寒い日に作ってみてください。

材料(2人分)

Photo by ako0811

ビターチョコレート 50g 牛乳 300cc 砂糖(お好みで) 小さじ1/2程度

作り方

1. チョコレートを細かく刻みます。

Photo by ako0811

板チョコは溶けやすいように、細かく包丁で刻みます。
2. 牛乳を温めます。

Photo by ako0811

小さ目の鍋で牛乳を弱火で温めます。ブクブクと沸騰させてしまうと容量がすぐに減ってしまいます。80度程度でゆっくり温めてください。
3. チョコレートを溶かします。

Photo by ako0811

火加減は弱火のまま、刻んだチョコレートを少しずつ加え、そのつど泡だて器でゆっくり混ぜ溶かします。

Photo by ako0811

すぐには溶けません。じんわり、全体が濃い茶色になり牛乳と一体化していきます。

Photo by ako0811

ビターチョコレートを使用しますので、少し砂糖を加えてもおいしいです。お好みで調整してください。
4. できあがりです♪

Photo by ak0811

事前にあたためておいたカップに、ゆっくり注いでできあがりです。チョコレートの香りが漂いリッチな雰囲気に♪マイルドな牛乳がお腹にやさしい味わいです。

Photo by ako0811

ちょっと大人なテイストがご希望の場合は、ショコラショーが熱いうちにラムダークのリキュールをひとさじ加えるのもおすすめですよ。ほんの少しで一気に風味豊か、大人顔になります。

作り方のコツ

1. 加熱時間を短くするためにも、チョコレートは細かく刻んでおきましょう。 2. 牛乳に溶かすので、カカオ分量の高いビター味でも苦みは軽減されます。板チョコで手軽に、カカオ分の異なるチョコレートをいろいろと試してみるのも面白いですよ。 3. オリジナリティーを追及するのもおすすめです。ミルクを泡立ててみたり、リキュールでフレーバーを楽しんだり、シナモンなどスパイスを加えても良いですね。

ショコラショーと一緒に食べたいお菓子5選

1. ビスコッティ

Photo by macaroni

コーヒーにビスコッティという組み合わせ、好きな方も多いですよね。カリッとした食感が癖になる、ハードビスケットはショコラショーのお供にもぴったり。甘いショコラショーにはナッツやドライフルーツが入った甘味の少ないものはいかが?ガリガリ、ポリポリ、ショコラショーに浸しても美味♪

特集

FEATURE CONTENTS