毎日飽きない♪「シリアル」の食べ方と絶品レシピ10選

世界中で今注目されている食品がシリアルです。シリアルとは穀物を指しますが、お米や精製された小麦ではなく、オーガニックのオーツ麦などを食べやすく加工したものです。ナッツやドライフルーツを混ぜたものもあり、健康食品として大人気なんです。

2018年4月4日 更新

3. 簡単シリアルクッキー

市販のホットケーキミックスをベースにシリアルと他の材料を混ぜて焼くだけの簡単クッキーです。シリアルはグラノーラを使えばドライフルーツもナッツも入っているので、別に買い求める必要がないので便利です。豆乳ではなく牛乳を使ってもOKですよ。

4. シリアルチョコ

ホワイトチョコレートをベースにドライフルーツのグラノーラをたっぷり入れて、レンジで溶かしてから冷蔵庫で固めるだけです。適当な大きさにカットすれば完成です。丸く成型すればトリュフも作れます。ベースのチョコをビターに代えれば色と味の違うシリアルバーもできますよ。

5. 和風シリアルバー(きな粉味)

オートミールとミューズリーにナッツやココナッツオイルを混ぜ、きな粉を加えて冷蔵庫で冷やし固めて和風のシリアルバーにしました。おやつなのに大豆たんぱくやイソフラボンがお手軽に摂取できます。お砂糖は加えていないので、小腹が空いたらダイエット中でも大丈夫ですよ。

6. バナナとプルーンのシリアル

バナナとドライプルーンに牛乳をかけただけの簡単シリアルレシピです。それぞれの材料の食感の違いが楽しい。甘味は材料だけで控えめなので、お好みでハチミツなどを加えてください。シリアルは玄米フレークを使いましたが、ドライフルーツ入りのグラノーラを使ってもよいでしょう。

7. シリアルフライ

コーンフレークを使った合わせ衣で白身魚のフライを作りました。パン粉よりもしっかりとしたザクザクの歯応えが楽しいレシピです。具材は白身魚に限らず、フライに適した材料なら何でも良いでしょう。牡蠣のようなやわらかい材料だと、衣と具材の食感の違いがより際立ちますよ。

8. 焼き柿のパルフェ

バターソテーにした柿をバニラアイスとシリアルでいただく、ちょっと大人なスイーツです。ソテーする時にお好みで、ホワイトキュラソーなど果実系のリキュールを加えても良いでしょう。仕上げにシナモンパウダーを振りかけて完成です。温かい柿とバニラアイスの温度差が絶妙です。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう