3. にんじんハンバーグ

肉料理の定番・ハンバーグも、豆腐と野菜でビーガン仕様に。にんじんはミキサーやフードプロセッサーで細かくすると、まとめやすくなります。

ヘルシーなのにボリューミーなひと品で、肉のハンバーグにも負けない満足感です。

4. 水切り豆腐のオリーブオイルマリネ

豆腐をしっかりと水切りすると、モッツァレラチーズのような食感に。柑橘果汁と塩、オリーブオイルでマリネすれば前菜にぴったりなひと品に仕上がります。

豆腐を調味料に漬け込む際に柑橘の皮を一緒に入れると、風味がアップしますよ。

5. ファラフェル

ファラフェルとは、中東発祥のひよこ豆を使うコロッケです。香辛料を加えてスパイシーに仕上げますが、辛味はないので食べやすいですよ。

パン粉は付けず、素揚げすればOK。白ごまペーストで作るタヒニソースに付けて、いただきましょう。

6. レンズ豆のスパイシーカレー

にんじんジュースの搾りかすを余さず活用する、エコなカレーを作ってみましょう。軽く煮詰めてとろみをつけたら、クミンやフェンネルなどのスパイスを加えて香り豊かに仕上げます。

辛さはカイエンペッパーで調整してくださいね。レンズ豆を加えることで食べ応えがアップ。さらりと食べられて、体にもやさしいひと皿です。

7. 大豆ミートスパゲティ

ひき肉の代わりに大豆ミートで作る、ミートスパゲッティ。肉よりもあっさりとした味のため、オレガノやガーリックパウダーで風味を足すのが、おいしく作るポイントです。

水戻し不要の大豆ミートを使えば、ゆでる必要がなく、そのまま炒めることができますよ。

8. 揚げ出し豆腐

Photo by macaroni

さっくりした衣とやわらかい中身がおいしい、揚げ出し豆腐です。木綿豆腐を使い、水切りしすぎないことが、おいしく作る秘訣。ビーガン料理の多い和食ですが、作るときはだしに注意が必要です。

だしの素は動物性原料不使用のものを使うか、昆布やしいたけでだしを取るとよいでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ