ライター : uni0426

作ることも食べることも大好きな2児の母です。 朝ごはんを食べながら、もう昼ごはんのことを考えているような食いしん坊(笑)。 できるだけ添加物などを避けた料理をしています。 梅干し…もっとみる

世界的にヴィーガン料理が注目されている!

健康志向が高まり、食のスタイルについても情報が豊富な近年。日本ではまだ少数派ですが、菜食主義者であるヴィーガンも増えてきました。世界的にはこの数年で、ヴィーガンの人口はなんと6倍にもなったのだとか。

この記事ではヴィーガンの定義、ヴィーガンの人がどんなものを食べているか、また菜食主義者のバリエーションなどについて詳しく解説します。ノン・ヴィーガンでも食べたくなる、ヘルシーでおいしいヴィーガン料理のレシピもたっぷりとご紹介します。

ヴィーガン=ベジタリアン?

ヴィーガンはベジタリアンの一種

ヴィーガン=ベジタリアンではありません。どちらも菜食主義者という言葉ですが、実はヴィーガンはベジタリアンの一種。ベジタリアンにも色んなパターンがあるのです。

乳製品と菜食の「ラクト・ベジタリアン」、乳製品と卵・菜食の「ラクト・オボ・ベジタリアン」、乳製品と卵に加え、魚は食べてもよいとする「ペスコ・ベジタリアン」など、菜食主義にもバリエーションがあるんですね。そんな中、ヴィーガンは一切の動物性食品を口にしないという「完全菜食主義者」です。

ヴィーガンの中にもまたタイプがあり、レザーや毛皮などを身に着けることもしない「エシカル・ヴィーガン」、衣服や装飾品などは気にせず、食品のみ動物性を除去する「ダイエタリー・ヴィーガン」、木の実や果物などのみを口にする「フルータリアン」などがあります。

ヴィーガンが食べるもの、食べないものは?

ヴィーガンが食べられるものは「動物性食品以外」の食べ物。肉や魚だけでなく卵や乳製品はもちろん、蜂の巣から採れるハチミツや牛骨や牛皮、豚皮が原料のゼラチン、魚醤なども口にすることができません。食品そのものだけでなく、肉や肉の骨、魚介からとったスープもNGです。

ヴィーガンの主なたんぱく質源は豆。大豆や豆腐、味噌などのほか、大豆ミートやグルテンミートなどでたんぱく質を摂取しています。大豆ミートやグルテンミートは、本来大豆アレルギーの人向けに肉の代用品として作られた食品。今ではアレルギーがなくともベジタリアンや肉の摂取を控えたい人にも、好んで食べられています。

また、牛乳の代わりに豆乳やアーモンドミルクを飲むことが多く、植物性の原料で作られたヴィーガン仕様のチーズや、豆乳ヨーグルトなどの販売も広がっています。

ヘルシーなのに満足度抜群!ヴィーガン料理のレシピ13選

1. お肉不使用の青椒肉絲風

Photo by macaroni

大豆ミートで作る、お肉不使用の青椒肉絲風です。大豆ミートにしょうゆやみりんで下味をつけておくことで、ごはんのすすむ味わいに。赤ピーマンやたけのこなど、食感の良い野菜をたっぷりと加えることで、食べ応えのあるおかずになりますよ。

2. 車麩の唐揚げ

車麩にしょうゆやおろしにんにく、おろししょうがなどで味つけをし、片栗粉をつけてカラッと揚げれば、まるで鶏のから揚げのようなひと品に。肉を使わずとも、工夫次第で十分に唐揚げのようなボリューム感を楽しむことはできます。片栗粉を多めにつけて、さっくりと揚げることがポイントです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ