センスが光る!ブラウニーのラッピング案15選【アイテム別】

おいしく焼けたブラウニーをお裾分けしたい、という時には、ラッピングにもこだわってみましょう!今回は手作りブラウニーをお店のスイーツのように見せるラッピングのアイデアをご紹介します。バレンタインやホワイトデーのプレゼントの参考にもぜひどうぞ。

2019年11月19日 更新

12. 使い捨てランチボックスを活用

デリや野外イベントの屋台で使われる紙製のランチボックスは油に強く、バターを含むお菓子のラッピングにも使えます。ブラウニーやマフィンをぎっしり詰めた、甘いランチボックスを作ってみてははいかがですか。 紙製のお弁当箱は100円ショップやネット通販で購入できますよ。

13. クリアボックスに入れて

透明なボックスに紙ナプキンを敷き、ブラウニーを入れてリボンがけしたシンプルなラッピングは、中の様子がよく見えてブラウニーのおいしさが開ける前から伝わってきますね。自信作のブラウニーはぜひこのように詰めてみて。 箱は袋より外部からの衝撃に強いので、長時間持ち歩く予定がある時は箱詰めが安心です。

14. カップブラウニーを可愛い箱に詰めて

マフィン型や紙コップに生地を入れて焼き上げたブラウニーを彩り豊かなビックスに詰めると、まるでお店で買ったようなおしゃれさが演出できます。ブラウニーがシンプルな茶色なので、箱はできるだけカラフルにするといいですよ。 箱の中にすき間ができる時は、模様付きの紙ナプキンなどを入れておくとよいでしょう。

15. ふた付き保存容器を使って

食品を保存するプラスチック製のふた付き保存容器にペーパークッションを敷きつめ、袋に入れたブラウニーを詰めたラッピングです。中身を取り出した後の保存容器を活用できるので、2倍嬉しいプレゼントになりますね。可愛いデザインの保存容器を探して、ぜひお試しを。 ペーパークッションは100円ショップで買えちゃいます。

可愛いラッピングに気持ちをこめて♪

ブラウニーのラッピングアイデアを、使用するアイテム別にご紹介しました。素朴な見た目のお菓子だからこそ、ラッピングにはこだわりたいですよね。 同じお菓子でも、ラッピングしだいでがらりと印象が変わります。可愛い系、おしゃれ系、シック系と、贈る相手に合わせてラッピングを考える時間も楽しいもの。お菓子作りと一緒に、ぜひラッピングの時間も楽しんでくださいね。 バレンタインやホワイトデーなど、手作りを贈る機会に、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

特集

FEATURE CONTENTS