語源は「よきかな」?知っておきたい「ぜんざい」の意味や由来を解説!

小豆を使ったスイーツと言えば「ぜんざい」や「おしるこ」が思い浮かびますが、その違いをご存じですか?今回はぜんざいの特徴や、基本の作り方、人気のアレンジレシピ3選をご紹介します。お家でほっこりと温まりたいときに、ぜひ作ってみてくださいね♪

2018年10月2日 更新

抹茶白玉クリームぜんざい

温かいぜんざいは冬にピッタリですが、冷やせば夏のデザートとしても楽しむことができます。冷やしたぜんざいと言えば、白玉トッピングが大定番!ただの白玉ではつまらないので、白玉粉と抹茶パウダーを混ぜてマーブル模様にしているのがポイントです。生クリームやアイスクリームをのせて召し上がれ♪

コーヒーぜんざい

和と洋のふたつの要素をミックスした「コーヒーぜんざい」。全くタイプの違う意外な組み合わせですが、ほろ苦いコーヒーと小豆の甘さが相性抜群!ぜんざいは煮て作るのではなく市販の粒あんを使っているので、甘いものが食べたいときにサクッと作ることができますよ。コーヒーゼリー、粒あん、白玉の順番で盛り付ければ完成です。

手作りぜんざいを味わってみて♪

思いのほか簡単に手作りできる「ぜんざい」。小豆を炊くのが大変でも、市販の粒あんを使えば10分ほどの短時間で完成します。 お店で味わうのも良いですが、寒い日はお家で温まりながら、甘いスイーツと共にゆったり過ごしたいですよね。白玉やアイスなどトッピングによっていろいろなアレンジができますし、余ってしまったお正月のお餅の活用法にもピッタリ♪コーヒーゼリーを合わせたちょっと変わったアレンジも、ぜひ試してみてくださいね!
▼宜しければこちらの記事もご覧ください
Photos:7枚
コーヒーぜんざい
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS