8. 大根とマグロのカマの田舎煮

マグロのカマをいったん蒸してから、大根と煮込んだレシピです。あめ色になるまで煮込んだ大根との相性が絶品!見るからにおいしそうな色合いの秘密はたまり醤油。たまり醤油は甘みもあるので、ぜひ積極的に使いましょう。

9. 大きなマグロのカマの煮物

カマがお鍋に入り切らなくても大丈夫!煮汁を回しかけながら煮込めば、味ムラなくふっくらおいしく仕上がります。大きさを理由に手が出せなかった方は、必見のレシピです。大きなカマは食べごたえも満足感も満点ですよ。

10. マグロのカマのピリ辛煮つけ

カマを、ピリ辛ダレで煮込んだレシピがこちらです。煮つけと言えば甘辛のタレで煮込んだレシピが多いなか、こちらは韓国味噌を使ってピリ辛に仕上げたひと品。目先が変わって新鮮な気分でいただけます。ピリ辛味のほぐし身は、お弁当のおかずにもぴったり◎。

11. マグロのカマの加圧煮

煮込むと時間がかかるマグロのカマの煮つけも、圧力なべを使えばあっという間にできあがります。圧力なべでゆでたあと、別のおなべで味つけをするので、調理しながら臭みが抜けるのもうれしいポイント。調味料はお砂糖、みりん、お醤油の3つだけ。素朴なタレにぷりぷりの身が絡んでおいしいですよ。

12. マグロのカマと新生姜と大根の煮物

マグロのカマと大根の煮つけに、新しょうがを使うのが味の決め手。こちらのレシピでは、しょうがを臭み消しや薬味として少量、ではなく、具材のひとつとしてたっぷりと使います。辛みのマイルドな新しょうがとうまみが凝縮されたタレがぴったり。さわやかな後味で、絶品の煮つけができあがります。

マグロのカマはワイルドにかぶりつくのが正解!

うまみの詰まったマグロのカマは、まるでスペアリブのようなパンチのある味わいでお魚嫌いの方でやお子さまにも好評です。おすすめの食べ方は、ワイルドに手づかみで。気心の知れた仲であれば、少々のお行儀悪さもご愛嬌です。 骨を取り外すのも楽ちんなので、骨付きのままテーブルにお出しして、そのあと銘々のお皿にサーブするとスマートです。 お刺身が多く出回る年末は、マグロのカマを見かけることも増える季節です。この機会に、やみつき必至のマグロのカマを堪能してみてはいかがでしょう。
▼マグロのレシピは他にもたくさん♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ