ミモザカクテルの発祥や由来は?おいしく作れるレシピもご紹介します♪

ウォッカやテキーラ、様々なリキュールと割って飲むカクテル。その中でも今回はシャンパンをオレンジジュースで割った、黄色がとっても綺麗なミモザカクテルをご紹介します。おうちでも簡単に作れますので、ぜひ一度飲んでみてくださいね♪

2018年2月26日 更新

セレブも御用達!ミモザってどんなカクテル?

お酒は一人でしっぽり飲むのも、大人数でワイワイ飲むのも楽しいですよね♪ビールや酎ハイ、日本酒もいいけれど、カクテルも飲んでみたい!しかし、甘いものや苦いもの、たくさんのカクテルがあり何を注文していいかわからないこともあるはずです。

そんなお酒初心者の方やお酒は弱いけどちょっとくらい楽しみたい、という方は、ぜひミモザをチョイス。お店でもおうちでも飲めるミモザをぜひ楽しんでくださいね♪

ミモザとは?

ミモザの意味

「ミモザ」は花の名前で、春から初夏にかけて花を咲かす小さな黄色い植物です。カクテルのイエローカラーがミモザを連想させるため、カクテルの名前になったそうですよ。

ミモザの発祥

ミモザは、1925年にパリで生まれました。しかし、この頃すでにシャンパンとオレンジジュースを混ぜ合わせたお酒は飲まれていたとか。当初の名前はミモザではなく「シャンパン・ア・ロランジュ」という名前でした。

ミモザの度数は?酔いやすい?

ミモザのアルコール度数は6~8度。飲みやすいですが、ビールよりは少し高めであることも覚えておきましょう。口当たりがよく飲みやすいので、うっかり飲み過ぎてしまうこともありますね。

お酒の弱い方は、自宅で作って飲むとき、オレンジジュースの割合を多めにするなど工夫しましょう。

ミモザの味は?

オレンジジュースのふわっとした香りが高貴な気分にしてくれるミモザ。レストランの食前酒として、ウェルカムドリンクとして……いろんなシーンに合いますよ。オレンジジュースのすっきりした口当たりが飲みやすく、暑い夏には最適です。作り方も簡単で、自宅でも手軽に飲むことができます。

割合の目安は1:1。オレンジジュースの酸味とスパークリングワインの清涼感が相性バツグン!香りも見た目も楽しめるカクテルです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう