ライター : きく

【薬味野菜】お茶漬けレシピ5選

1. さっぱりおいしい。梅のお茶漬け

さっぱりとした梅干しのお茶漬け。梅干しのフルーティーな酸味が食欲を刺激します。梅干しの酸味でサラッと食べられますよ。焼き海苔をのせると、旨味がアップ。しらす干しや揚げ玉をのせてアレンジしてみましょう。

2. 風味が押し寄せる。薬味まみれお茶漬け

みょうが、新しょうが、大葉、青ねぎといった薬味をたっぷりのせるひと品です。薬味は、料理に旨味や風味をプラスする具材。だし汁の旨味が品よくまとめあげてくれます。暑い日は、冷茶漬けにしてもおいしいですよ。

3. 食感楽しい。漬物たっぷり冷茶漬け

漬物をたくさんのせる、色鮮やかなお茶漬け。コリコリした食感がたまりません。冷たいそば茶をかければ完成。漬物のポリッとした食感がクセになりますよ。仕上げに白いりごまをトッピングして召しあがれ。

4. ピリッとおいしい。刻みキムチのお茶漬け

刻みキムチのお茶漬けは、ピリッとした辛味が特徴。ほろほろと口の中で崩れる豆腐もおいしいです。ゴーヤの苦味も相まって、箸が止められなくなりますよ。長ねぎやきゅうりなら、季節に関係なく簡単に作って食べられます。

5. トロトロ食感。山芋と大葉のお茶漬け

トロトロの山芋と、さっぱりした大葉の組み合わせが絶妙なレシピです。大葉はみじん切りのものと千切りのものを使用します。のど越しやさしい山芋は、つるっと食べやすいのが特徴。あまりたくさんの具材をのせず、シンプルに食べるのがおすすめですよ。

【魚介類】お茶漬けレシピ8選

6. ごちそう。鮭のお茶漬け

Photo by macaroni

焼くと香ばしい塩鮭のお茶漬けは、大人も子供もみんな大好きなひと品です。塩鮭を焼くのが手間という場合は、ストックしてある鮭フレークを使ってもOK。お茶漬けと漬物だけという日も、きっと満足する味とボリューム感が楽しめます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ