7. 昆布茶で。釜揚げしらすお茶漬け

釜揚げしらすは、簡単にストックできて料理に使いやすい具材です。釜揚げしらすの塩気と昆布茶の旨味が奏でるおいしいハーモニー。海の旨味が口いっぱいに広がります。三つ葉や柚子こしょうを効かせるのもおいしいですよ。

8. だしがすごい。ごまあじお茶漬け

焼いても刺身でもおいしい、あじ。お茶漬けにして食べるのもおすすめです。おろししょうがと焼き海苔があじの旨味を引き立てます。スーパーの刺身で、パッと作れますよ。刺身をお茶漬けにするなんて、贅沢ですよね。

9. 味わい深い。焼きさばお茶漬け

焼きさばを使う、シンプルな旨味がおいしいお茶漬け。瓶詰めやさば缶を使えば、いつでも誰でも簡単に作れます。トッピングにみょうがや三つ葉を使用し、味わいのアクセントに。さらっとしてるのに、舌も胃袋も満足のひと品です。

10. ピリリと香る。明太子のお茶漬け

明太子をトースターで加熱。ごはんの上でほろっと崩れる明太子に、だし汁の旨味が染み込みます。アクセントのわさびをピリッと効かせると、よりおいしく食べられるのでおすすめ。ピリッとした味が好きな人は、ぜひお試しください。

11. 大人のお茶漬け。たこわさお茶漬け

たこわさを使うお茶漬け。だし汁と緑茶をかけていただく、さっぱりした味わいが魅力です。だし汁の温かさでたこに火が通り、ふっくらとやわらかな食感を生みます。お好みで三つ葉、焼き海苔、刻みわさびなどをのせてみましょう。

12. じわりとした旨味。塩こんぶのお茶漬け

使い方次第で、調味料的な役割をしてくれる塩こんぶ。簡単に味が決まるので、お茶漬けの味付けにも最適です。シンプルな塩気がおいしいひと品になります。梅干しやしば漬けを刻んでのせると、食感がよくなって味わいも増すのでお試しあれ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ