13. とろっとおいしい。とろろ昆布のお茶漬け

フライパンでカリッと焼く焼きおにぎりに、とろろ昆布、梅干し、大葉などをのせて作ります。風味も食感も特徴的な食材を使用。香ばしいおこげとまろやかなとろろ昆布に舌鼓。いつもと少し違う食感をお探しの人は、ぜひ作ってみてください。

【お肉】お茶漬けレシピ7選

14. だしが甘く濃厚。豚肉のお茶漬け

ボリュームおかずの定番食材「豚肉」も、お茶漬けの具材として使えます。豚肉の旨味がしっかりしているので、調味料は最低限でOK。ほかの具材は長ねぎだけでも十分な食べごたえです。調理時間をかけたくないけど、お腹いっぱいになりたい。そんなときのごはんにいかがですか?

15. やさしい旨味。鶏肉のお茶漬け

しっとりぷるぷるの鶏肉が具材の、ボリューム満点なお茶漬けです。鶏肉のやさしい旨味がたっぷり味わえます。大葉やみょうがなど薬味をたっぷりのせると、さっぱりとした味わいに。アツアツでも冷やしてもおいしくいただけますよ。

16. ボリューム感。鶏ささみと温泉卵のお茶漬け

鶏ささみや温泉卵、佃煮など、旨味とボリューム感に溢れるひと品です。淡白な鶏ささみに佃煮の濃厚な旨味がマッチ。温泉卵を崩すと、全体が甘くまろやかになりますよ。一味唐辛子の辛味は、食材の旨味を引き立たせる効果があるのでお忘れなく。

17. モリモリ食べられる。豆腐と豚ひき肉のお茶漬け

豪快な見た目に、どのような味わいなのか想像を掻き立てられるお茶漬け。ひとたび口にすれば、豚ひき肉の旨味が口中にジュワッと広がります。仕上げにパクチーをのせると、一気に風味がアップ。お好きな人は、ぜひたくさんのせて召しあがれ。

18. 染み入るおいしさ。牛肉しぐれ煮のお茶漬け

おかずやおつまみにぴったりな牛肉のしぐれ煮を、ごはんにのせてほうじ茶でひたひたに。調味料はしょうゆだけで簡単に作れます。貝割れ大根の食感と紅しょうがの辛味がアクセントです。ほうじ茶の香りがふわっと広がる瞬間に、幸せを感じること間違いなし。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ