食べ出したら止まらない♪魔性のおつまみ「軟骨の唐揚げ」の基本レシピ

コリコリ食感がやみつきになる軟骨唐揚げ。食べだしたら止まらなくなるし、ビールもどんどんすすみます。そんな魔性のおつまみ軟骨の唐揚げの詳しいレシピをご紹介。他にも簡単に作れるレシピを5つ厳選しましたのでいろいろなバリエーションで楽みましょう!

2019年10月15日 更新

2. 鶏軟骨のカレー唐揚げ

食欲をそそるカレーの香りがたまらない軟骨の唐揚げのレシピです。ビニール袋の中で、カレー粉とおろしにんにくを揉みこんで1時間置き、片栗粉をまぶして揚げ焼きにします。フライパンに油を注ぎ、軟骨を入れてから火にかけ、じっくりと火を通すのがポイントです。

3. スパイシー軟骨唐揚げ

軟骨が入っていた白いトレイのまま下味をつけて、揚げるだけの簡単レシピです。洗いものやゴミも最低限におさえられますよ。下味は、ペッパーやガーリックパウダー、白ワインなどを使います。スパイシーで、フライドチキンのような味わいの軟骨の唐揚げです。

4. 軟骨の唐揚げ

下味は、塩こしょうとお酒、一味唐辛子と3つだけのシンプルな味つけのピリ辛軟骨唐揚げです。シンプルだからこそ、鶏軟骨のうまみをしっかり味わうことができます。調味料が少なくて済むので、下味を漬け込む時間を含めて15分程度で作ることができる時短レシピです。時間がない日でも、さっと作って楽しんでくださいね。

5. トースターで◎揚げずに鶏軟骨の唐揚げ

油で揚げずに、トースターで作ります。作り方はとっても簡単♪ビニール袋に材料を入れてシャカシャカふって、粉をまぶして電子レンジで加熱したら、トースターにまんべんなく広げて5分ほど焼きます。油で揚げないので、油の準備や片付けがないのが魅力的ですね。仕上げにふったブラックペッパーの香りが、食欲をそそり、ビールもどんどん進みそうです。

おうち居酒屋で楽しもう♪

Photo by lanne_mm

面倒な下ごしらえもなく簡単に作れるので、作ってみたいと思った人も多いのではないでしょうか?軟骨の唐揚げといっても、ベーシックな味のほかに、スパイシーなものやカレー味、ピリ辛などいろいろなバリエーションがありました。どのレシピもお酒のおつまみはもちろんのこと、ごはんのおかずにもぴったりです。 鶏軟骨は、100g150円前後なので、おうちで作るとリーズナブルで、家計にやさしいのも魅力のひとつです。あなたの好きな味で、おうち居酒屋を楽しんでくださいね。
▼その他の軟骨レシピはこちら♪

特集

FEATURE CONTENTS