「キャベツ焼き」は大阪の隠れソウルフード!? 由来や絶品レシピを伝授します

たこ焼き、お好み焼きと並んで、キャベツ焼きは大阪の隠れたソウルフード。素朴な味わいはどこか懐かしく、クセになるおいしさなんです。お財布にも優しく、カロリーも控えめとうれしいことづくしのキャベツ焼き。キャベツ焼きを徹底的にご紹介します。

大阪の隠れたソウルフード?!

キャベツ焼きをご存じですか?「粉もの」と呼ばれるB級グルメはたこ焼き、お好み焼きが有名ですが、さらにもうひとつ、キャベツ焼きも忘れてはならない存在です。キャベツ焼きは関西の粉もの文化を支えるソウルフードなんですよ。

小麦粉やキャベツを使い、お好み焼きソースも使うことから、キャベツ焼きはお好み焼きと混同されがちです。お好み焼きに似た外見を持ちながら、お好み焼きとは一線を画しているキャベツ焼き。キャベツ焼きとはいったいどんなものなのでしょうか?

キャベツ焼きって何?

1990年代に爆発的ヒットとなったキャベツ焼き。そのルーツは昭和初期にブームとなった一銭洋食です。一銭洋食とは駄菓子屋の店先で売られていたおやつで、大阪、神戸、広島など関西を中心に根付いた庶民派グルメです。

いっときは廃れた一銭洋食ですが、それを復活させたのがキャベツ焼き。1990年代にキャベツ焼きを専門に売るチェーン店が大阪に生まれ、その安さと手軽さ、おいしさで多くのファンを生み出しました。

一見、キャベツ焼きはお好み焼きとも似ています。キャベツを使った粉もので、ソース味という点も共通しています。ただし、キャベツ焼きは手で持って食べられるサイズ感。ずっしりと重いお好み焼きはお食事、キャベツ焼きはおやつといったところでしょうか。食感もキャベツ焼きのほうがずっと軽く、あっさりとしています。しかもクセになるおいしさ。素朴で飽きのこないその味わいは、年配のひとには懐かしく、若いひとには新しい味として受け入れられ、今に至るまで愛されています。

節約にもダイエット中にも嬉しい♪

キャベツ焼きはおうちにあるもので手軽に作れるのが魅力です。そもそもが庶民のおやつですからお財布にやさしく、キャベツをたっぷりと使っているのでカロリーも控えめなんですよ。

一般的なお好み焼きが550kcalなのに対し、キャベツ焼きは345kcal。カロリーが低いわりに腹持ちがいいので、ダイエット中でも安心して食べられますね。

また、シンプルなキャベツ焼きはアレンジレシピも多彩です。小麦粉を使ったスタンダードなキャベツ焼きレシピから、小麦粉を使わず卵で巻いたもの、お肉や魚介を使ったものまで。お店でも、ご家庭でも、さまざまなキャベツ焼きが楽しめるんですよ。

キャベツ焼きの作り方

一般的なお好み焼きと違い、キャベツ焼きは材料を混ぜ合わせません。だしやお水で溶いた小麦粉を薄く焼き、そのうえにたっぷりのキャベツ、天かす、魚粉、卵をのせます。ひっくり返して再び焼き、すべてに火が通ったところでソースを塗ったらできあがりです。

キャベツ焼きはフライパンやホットプレートで、思い立った時にすぐ作れます。材料もキャベツさえあれば、あとはおうちにあるもので十分。この手軽さがキャベツ焼きの魅力のひとつです。

キャベツ焼きのおすすめレシピ5選

1. キャベツ焼き

スタンダードなキャベツ焼きに豚肉を加えると、食べ応えもコクもアップ。生地に山芋を加えることでふわふわとした軽い食感が楽しめます。半分に折った形が、ザ・キャベツ焼きという雰囲気ですね。あっさりとした味わいでお夕食はもちろん、お子さまのおやつやお夜食にも喜ばれますよ。

2. タコキャベツ焼き

2大B級グルメ、たこ焼きとキャベツ焼きのコラボレシピです。本来、キャベツ焼きは具材を混ぜ合わせないものですが、こちらのレシピは全部混ぜてから焼き上げます。使用するソースもマヨネーズとケチャップをあわせたオーロラソース。ちょっと甘めのソースがぴったりのおしゃれなキャベツ焼きです。

3. 小麦粉も卵も不要‼︎ 新じゃがのキャベツ焼き

小麦粉も卵も使っていないのに、モチモチとした食感のキャベツ焼きです。モチモチの正体は千切りにしたじゃがいもと片栗粉。消化もよく、ヘルシーなので何枚でも食べられそうです。小麦粉も卵も使っていないので、アレルギーの方でも安心して食べられます。仕上げにかつお節をたっぷりとかけてお召し上がりくださいね。

4. ふわふわ卵のキャベツ焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう