残った天ぷらは冷凍保存がおすすめ!冷凍のコツやリメイクレシピをご紹介

サクサクの天ぷらは準備や後片付けが大変。作れば作ったで、余った天ぷらの処理に困ることも。残った天ぷらは冷凍保存が大正解◎!天ぷらを上手に冷凍するコツや解凍方法、おいしいリメイクレシピなど、冷凍天ぷらをフル活用するアイデア満載の保存版です。

2018年12月4日 更新

サクサク天ぷらを冷凍保存しよう!

サクサクの衣をまとった、揚げたてアツアツの天ぷらは、大人も子どもも大好きですね。はりきって天ぷらを揚げたのはいいけれど、揚げすぎて余ってしまった……。こんなことはありませんか?

天ぷらがおいしいのは油がまわるまで。時間がたつにつれ、どんどん食味が落ちてきます。余ったときには、油がまわる前に冷凍しましょう!冷凍保存しておくと、食べたいときにすぐに食べられ、とても便利です。休日のランチやお子さまのお弁当にも活用できますよ。

天ぷらを冷凍する理由

天ぷらがおいしいのは揚げてから数時間。時間がたてばたつほど、油っぽさが際立っておいしさが半減します。これを油がまわるといい、天ぷらの油が酸化した状態をさします。酸化した天ぷらはおいしくないだけでなく、健康にもよくありません。天ぷらは酸化する前に冷凍するのがおすすめです。油の酸化は温度を低く保つことで、そのスピードを遅らせることができます。天ぷらを冷凍すると、いやな酸化を遅らせつつ、長期にわたっておいしく保存できるんですよ。

食べたいときにすぐに食べられるのも冷凍保存のメリットです。食べたい!と思っても天ぷらを少量作るのはとても面倒……。そんなときにも冷凍した天ぷらがあれば、自分ひとりのランチやお弁当に大活躍です。ぜひ、お試しください。

天ぷらを冷凍保存する方法

天ぷらを上手に冷凍するにはちょっとしたコツが必要です。天ぷらの余分な油を取ること、そしてなるべく空気に触れさせないこと、そしてなるべく早く冷凍すること、この3点に気をつけながら冷凍しましょう。天ぷらを冷凍する手順は次の通りです。

1. 天ぷらの粗熱を取ります。
2. 天ぷらの余分な油を取るために、ひとつひとつクッキングペーパーに挟みます。
3. 重ならないように平らに密閉容器に入れ、なるべく空気を抜いてから冷凍庫で保存します。

天ぷらはしっかりと熱を取ってから冷凍しましょう。温かいうちに冷凍庫に入れてしまうと、衣がべたつくばかりでなく、庫内の温度を上げてしまうことにもなります。ほかの冷凍品に影響を与えてしまう可能性もあるので、必ず冷めてから冷凍しましょう。

また、余分な油を吸い取るペーパーにはクッキングペーパーがおすすめです。キッチンペーパーのほうが吸油性がよさそうに思えますが、外すときに衣にくっついて破れてしまうことが……。天ぷらを挟むときには、くっつきにくいクッキングペーパーが◎。さらに、冷凍庫に入れるときアルミトレイなど熱伝導性の高い金属製の容器を使うと、普通に冷凍するよりも早く凍らせることができます。短時間で冷凍すると天ぷらの水分が抜けず、おいしさを保ったまま保存することができるんですよ。

冷凍した天ぷらの解凍方法

冷凍した天ぷらは、水にくぐらせてから再び油で揚げることで元のパリパリ、サクサクの状態に仕上げることができます。でも、二度揚げは面倒ですよね……。そこでおすすめしたいのが、電子レンジとオーブントースターを駆使した合わせ技です。

1. ラップとクッキングペーパーを外した天ぷらを電子レンジで数分温めます。電子レンジの解凍キーを利用してもいいですね。
2. いちどクシャクシャにして開いたアルミホイルに加熱した天ぷらをのせ、オーブントースターで数分焼きます。

電子レンジの加熱だけではふにゃふにゃになってしまう天ぷらも、その後トースターで焼くことで、余分な油を落とし、表面をカリッと仕上げることができます。敷いているアルミホイルに余分な油が溜まるので、取り出すときにはご注意くださいね。

なお、イカや卵の天ぷらなど具材によっては電子レンジを使うと破裂するものがあります。そんな場合には、冷蔵庫で解凍しましょう。電子レンジよりも時間がかかるので、前の晩など早めに冷蔵庫に移しておくといいですよ。電子レンジやオーブントースターはご使用になっている機種によって、加熱時間が変わります。最初は様子を見ながら加熱するようにしましょう。また、オーブントースターがなくても魚焼きグリルやレンジのオーブン機能でトースターと同じように解凍できますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう