ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

「塩トマト」ってなに?

「塩トマト」とは、トマト、塩、にんにく、ハチミツを混ぜて作る調味料のこと。時間を置くことで発酵し、トマトの旨みが抜群にアップします。生のままソースにしたり、お肉に漬けたり、炒め物に混ぜたりと、さまざまな料理にアレンジ可能♪ 塩トマトはひと晩おくだけで簡単に作れるのも魅力です。ちょっと傷があるトマトや、熟してしまったトマトなどの消費にもおすすめ◎ さらに一週間ほど日持ちするので、冷蔵庫にストックして、毎日の食卓や、おもてなしにも活用してみてくださいね。

塩トマトの作り方

Photo by donguri

まずは「塩トマト」の基本の作り方をチェックしましょう。作り方と言ってもとても簡単で、ただ材料を和えるだけ!半日~ひと晩ほど味を馴染ませる時間が必要なので、使いたい日の前日から準備しておくと良いですよ。

材料(2~3人分)

Photo by donguri

・トマト……400g ・にんにく……1片 ・塩……40g ・ハチミツ……大さじ2

作り方

1. トマトはさっと洗ってヘタを取る。

Photo by donguri

2. 5mm角ほどの粗みじん切りにする。

Photo by donguri

3. にんにくをすりおろす。

Photo by donguri

4. 容器にすべての材料を入れる。

Photo by donguri

5. 全体をよく混ぜて、半日から1日ほど置けばできあがり!

Photo by donguri

量を変えたい時は?

レシピより多め、または少なめの量で作りたい場合、塩はトマトの10% ハチミツはトマトの5%から10%の量で加えてください。 作った塩トマトは、最低でも半日、できれば2日から3日ほど置くと旨みがアップします。時間を置くと水分がでてくるので、使う前にザックリと全体を混ぜてくださいね。今回は普通のトマトを使いましたが、ミニトマトでもOKです!

冷凍保存も可能!

前述のように、塩とハチミツの防腐効果で、冷蔵庫に入れて一週間ほど日持ちします。保存容器は煮沸消毒し、清潔なものを使用しましょう。 食感が悪くなりますが、スープや潰したソースにして使う場合は、冷凍保存もおすすめです。フリーザーバッグなどの密封容器に広げるように入れて、1ヶ月ほど保存可能!加熱して調理するなら、凍ったまま鍋に入れて調理できます。

特集

FEATURE CONTENTS