「トマトの味噌汁」基本レシピ&アレンジ8選!入れるべき具材はコレ

今回はトマトを使った味噌汁のレシピをご紹介します。トマトといえば、サラダとして食べることが多いですが、実は味噌汁にしても絶品なんですよ!さっぱりといただけるひと品は食欲が出ないときにも◎ これを機にぜひチャレンジしてみてくださいね♪

2019年2月26日 更新

試しておきたい!トマトと卵の味噌汁のレシピ

トマトの酸味が爽やかでおいしい味噌汁のレシピです。一緒に加えた玉ねぎがとろっと甘く、ふわふわのかき卵が絶妙。さっぱりとして食べやすいひと品は、出汁や味噌などで簡単に作れますよ。シンプルな味わいなので、どんな献立にも合わせやすいです。

トマトの味噌汁をおいしく作るポイント

味噌は一番最後に加える

味噌汁作りの基本ですが、味噌は仕上げる前に加えて溶かすようにしましょう。トマトは香りの強い食材ですので、先に溶かした状態でトマトを加えた場合だと味噌の香りが感じられなくなる場合があります。逆にトマトの鮮烈な風味を楽しみたい方は、先に溶かしておいてもOKです。

水っぽくならないようにするには

トマトは熱を加えると水分が出てきてしまい、味噌汁が水っぽくなりがちです。長い時間加熱するほど旨みと一緒に逃げ出してしまうので、トマトは味噌を入れる直前に加えるように心がけましょう。そうすることで味が薄まることなくおいしくいただけます。

トマトに湯むきは必要?

トマトの味噌汁を作る際、特に湯むきは必要ありません。トマトは生で食べられる食材なので、食感が気にならない方はそのままでOKです。

湯むきをおこなってから味噌汁に加えたいときには、トマトの先端部分に十字の切り込みを入れ、熱湯で1分ほど湯通しします。そのあとすぐに冷水に上げ、切り込み部分から皮をむきましょう。
▼湯むきの正しい手順はマスター済み?

トマトを使ったアレンジ味噌汁レシピ人気5選

1. 青じそと油揚げのトマト味噌汁

青じそや油揚げを使った、少しピリ辛なトマト味噌汁です。ラー油を少量加えて仕上げたレシピは香りもよく、食欲をそそります。青じその豊かな香りが口いっぱいに広がるひと品は、脂っこい献立のときにおすすめです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう