ライター : oborotyan

こんにちは。oborotyanです。 お料理は食べるのも作るのも大好きで、薬膳や、マクロビオティックをヒントにしながらおいしくてヘルシーな料理をつくるべく日々健闘しています。 我が家…もっとみる

食欲そそる!バジルチキンの作り方

「バジル」と聞いてイメージするのは、やっぱりパスタやピザでしょうか。実はバジルはいろいろな料理に調味料として使うとおいしく食べられるハーブなのです。 ここでは、バジルを使って味付けしたチキンのレシピを紹介します。基本的でシンプルなバジルチキンから、ココナッツオイルを使ったアジアンテイスト、ラタトゥイユに加えたもの、南蛮浸け風、など様々な調味料や調理法でつくったものを10種類、パスタ、サンドイッチ、ドリアなどの主食を5種類、こんなにいろいろな使い方ができるなんて、と驚くこと必至です!

味付けいろいろ!人気のバジルチキンレシピ10選

1. バジルチキン

フレッシュバジルが手に入ればもちろんそれを使いたいところですが、乾燥バジルなら小瓶で手に入りますのでそちらでも大丈夫です。こしょうを多めにして作ったペーストに、鶏肉を最低15分ほどつけておきましょう。 シンプルですが、バジルの香りでご飯に合うがっつりおかずです。冷めてもおいしいので、お弁当にもぴったりですよ。

2. 鶏肉のバジル炒め

鶏肉はバジルオイルにつけておいて、香りもしっかりつけておくのがポイントです。しめじのうまみ成分が出るので、バジルの香りを楽しむなら味付けは塩こしょうだけでシンプルに。 切らずにチキンステーキのような食べ方をしてもおいしいですよ。玉ねぎではなく「白ねぎ」を使うことで、大人向けの味付けになっています。玉ねぎを使うと少し甘みが出て、お子さまでもおいしく食べられますよ。

3. 塩麹バジルチキン

材料はたった4種類。おいしさの秘訣は「塩麴」です。ビニール袋にいれて揉み込むと、手を汚さないでまんべんなく味をつけられます。焼く際は皮を上にしてペーストを塗り、粉チーズをのせて焼きましょう。 高温で焼くと皮がパリッとしてさらに香ばしくなりますよ。付け合わせにはじゃがいもがおすすめです。

4. ココナッツオイルでアジアンテイストバジルチキン

バジルとココナッツオイルを合わせて作った、意外に相性のいい一品です。 味付けは塩、黒コショウを使っているので、シンプルなンテイスト。ここにバジルを加えてグリーンカレーのようなアジアンテイストにあうひと品になっています。 大人だけで食べるのであれば唐辛子を加え、具はタケノコやマッシュルーム、ナッツを加えるのも、香ばしくなるのでおすすめです。

5. チキンとオクラのバジルクリームソース

オクラを使ってひと味違うお料理に。バジルソースを混ぜたクリームソースを使ってみました。おいしさのコツは、チキンをこんがりパリパリに焼くこと。 クリームソースは、鍋肌にプツプツ泡がつくくらいの火加減で作るようにしましょう。クリームの状態で煮立てしまうと、分離してしまうので気をつけてください。

特集

FEATURE CONTENTS