ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

フランスで愛される「パンデピス」とは?

Photo by lanne_mm

日本ではあまりなじみがありませんが、フランスでは深く親しまれているスパイスの香るお菓子「パンデピス」。バターを使わずに、はちみつをたっぷり入れてしっとりと仕上げられます。名前は、フランス語で「香辛料を使ったパン」という意味があるとか。

お店によってスパイスの配合が違う

茶色く、地味な見た目ですが、スパイスのほかにもドライフルーツやナッツなどが入ったものもあります。本場フランスでは、お店によって使うスパイスの種類や配合が違うそうで、そのお店ごとの味が楽しめるのも醍醐味のひとつなんですよ。 体の奥からじんわり温まり、スパイスの香りとやさしい甘さに癒されること間違いなし!寒い季節にぴったりのパンデピスを、あなたも作ってみませんか?

自宅で挑戦!パンデピスのレシピ

Photo by lanne_mm

パンという名前がついていますが、パン作りに必要なイーストなどの酵母は使いません。ベーキングパウダーで膨らませるので、気軽に作れます。 今回はオレンジピールやくるみを入れたレシピを紹介しますが、何も入れずにプレーンな生地で作ってもOK。プレーンにすると、サンドイッチやカナッペなどアレンジの幅がいろいろ広がりますよ。

材料(6×12×4cmのミニパウンド型2台分)

Photo by lanne_mm

・牛乳……50cc ・卵……1/2個 ・はちみつ……100g a. 強力粉……60g a. ライ麦……40g a. ベーキングパウダー……小さじ2杯 a. シナモン……小さじ1杯 a. ナツメグ……小さじ1/4杯 a. クローブ……小さじ1/4杯 ・オレンジピール……30g ・くるみ……30g

下準備

Photo by lanne_mm

・くるみは160℃のオーブンで10分ほど焼いて、粗く刻んでおきます。オレンジピールも同じように粗く刻みます。 ・ミニパウンド型に合わせて、クッキングシートを敷きます。クッキングシートの代わりにバター(分量外)を塗って、小麦粉をはいてもOKです。 ・オーブンを180℃に予熱しておきます。

作り方

Photo by lanne_mm

1. ボウルに牛乳、卵、はちみつを入れて、なめらかになるまで混ぜます。混ざればよいので、泡立てなくてOKです。

Photo by lanne_mm

2. (a)の材料を入れて、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。

Photo by lanne_mm

上の画像のように、粉っぽさがなくなればOKです。混ぜすぎないようにしましょう。

Photo by lanne_mm

3. 粉っぽさがなくなったら粗く刻んだオレンジピールとくるみを加え、さっくりと混ぜます。

Photo by lanne_mm

4. ミニパウンド型に、8割ほどの高さまで生地を均等に流し込みます。そのあとに布巾などの上で、2〜3回トントンと軽くテーブルにたたいて空気を抜きましょう。

Photo by lanne_mm

5. 180℃に予熱しておいたオーブンに入れて、18分ほど焼きます。

Photo by lanne_mm

6. 中央に竹串を刺し、きちんと焼けているか確認します。べたっとした生地がついてこなければ焼き上がりです。型から取り出し、ケーキクーラーの上などで粗熱を取ります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS