スパイス好きにはたまらない!「パンデピス」の基本の作り方

スパイスの香りとしっとりした食感がクセになるパンデピス。はじめての人でもすぐに作れる混ぜて焼くだけの簡単すぎるお菓子です。ノンオイルでバターなどを使わないヘルシーさもGood!今回はパンデピスの基本の作り方をご紹介します。

2018年3月8日 更新

パンデピスってどんなお菓子?

「パンデピス」というお菓子を知っていますか?日本ではあまりなじみがありませんが、フランスでは親しまれているスパイスの香るお菓子です。バターを使わずに、はちみつをたっぷり入れてしっとりと仕上げます。フランス語で「香辛料を使ったパン」という意味があるそうです。

茶色く、地味な見た目ですが、スパイスのほかにも、ドライフルーツやナッツが入ったものなどもあります。本場フランスでは、お店によって使うスパイスの種類や配合が違うそうで、そのお店ごとの味が楽しめるのも醍醐味のひとつだそう。今回は、パンデピスの基本のレシピをご紹介します。じんわり温まり、スパイスの香りと優しい甘さに癒されること間違いなし!寒い季節にぴったりのパンデピスに、あなたも挑戦してみませんか?

パンデピスの基本のレシピ

パンデピス

Photo by lanne_mm

パンという名前がついていますが、パン作りに必要なイーストなどの酵母は使いません。ベーキングパウダーで膨らませるので、気軽に作れます。

今回は、オレンジピールやくるみを入れたレシピを紹介しますが、何も入れずにプレーンな生地で作ってもOKです。プレーンな生地にすると、サンドイッチやカナッペなど、アレンジの幅がいろいろ広がりますよ。

材料(6×12×4cmのミニパウンド型2台分)

パンデピスの材料

Photo by lanne_mm

・強力粉          60g
・ライ麦          40g
・ベーキングパウダー    小さじ2
・牛乳           50cc
・卵            1/2個
・はちみつ         100g
・シナモン         小さじ1
・ナツメグ         小さじ1/4
・クローブ         小さじ1/4
・オレンジピール      30g
・くるみ          30g

作り方

1. 下準備をする
パンデピスの下準備

Photo by lanne_mm

くるみは、160℃のオーブンで10分ほど焼いて、粗く刻んでおきます。オレンジピールも同じように粗く刻みます。

ミニパウンド型に合わせて、クッキングシートを敷きます。クッキングシートの代わりに、バター(分量外)を塗って小麦粉をはいてもOKです。

オーブンを180℃に予熱しておきます。
2. なめらかになるまで混ぜる
パンデピスを作るために材料を混ぜる

Photo by lanne_mm

ボウルに牛乳、卵、はちみつを入れて、なめらかになるまで混ぜます。混ざればよいので、泡立てなくてOKです。
3. 小麦粉やスパイスなど粉類を混ぜ合わせる
パンデピスを作るために材料を混ぜる

Photo by lanne_mm

強力粉、ライ麦、ベーキングパウダー、シナモン、ナツメグ、クローブを入れて、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。
パンデピスを作るために材料を混ぜる

Photo by lanne_mm

粉っぽさがなくなればOKです。混ぜすぎないようにしましょう。
4. オレンジピールとくるみを加える
パンデピスを作るために材料を混ぜる

Photo by lanne_mm

粉っぽさがなくなったら、粗く刻んだオレンジピールとくるみを加え、さっくりと混ぜます。
5. 型に流す
液体を型に流す

Photo by lanne_mm

ミニパウンド型に8割ぐらいの高さまで生地を均等に流し込みます。ミニパウンド型を、ふきんなどの上で、2〜3回トントンと軽くテーブルにたたいて空気を抜きます。
6. オーブンで焼く
パンデピスをオーブンで焼く

Photo by lanne_mm

180℃に予熱しておいたオーブンに入れて、18分ほど焼きます。
7. 焼き上がり
焼きあがったパンデピス

Photo by lanne_mm

中央に竹串を刺し、きちんと焼けているか確認します。べたっとした生地がついてこなければ焼き上がりです。型から取り出し、ケーキクーラーの上などで粗熱を取ります。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう