「石狩鍋」の基本&アレンジレシピ5選!鮭のうまみを鍋で堪能◎

北海道の名物料理である「石狩鍋」。鮭と味噌の組み合わせは、まさにテッパンのおいしさです。今回は石狩鍋の基本のレシピから、酒粕や豆乳を使った絶品アレンジレシピまでをご紹介します。お好みの味付けで楽しんでみてくださいね。

基本の石狩鍋レシピ

北海道名物の石狩鍋は、鮭の身に加え、アラに豆腐、野菜など、たくさんの具材を昆布だしの味噌仕立てスープで煮込んだものです。

お好みの大きさにカットした野菜や鮭をだしで煮込み、牛乳、味噌、バターを加えればできあがり!本場でもバターや牛乳などを使うことが多く、濃厚な味わいに仕上がります。

野菜はお好みのもので構いませんが、せっかくであれば北海道名産のコーンやじゃがいもなど産地にもこだわりたいところですね。

石狩鍋のアレンジレシピ5選

1. 鮭と鶏のピリ辛白味噌鍋

コクのある白味噌に、四川山椒のピリ辛さがたまらない、本格的な鍋のレシピです。鮭の切り身のほかに鶏もも肉も入って、食べ応え充分!

和風の味付けの多い鍋ですが、こちらは中華スープの素がベースなので、ちょっと変わった鍋を食べたいときにもぴったり!お友達がたくさん集まるホームパーティーにこの鍋を囲めばきっと盛り上がるはず!

2. クリームシチュー風鮭の味噌バター牛乳鍋

シチューとお鍋で迷ったら、シチューのようなお鍋にしてしまいましょう!鮭はこんがり焼き目をつけて、コンソメに味噌と牛乳を加えたスープで煮込みます。

ホワイトシチューに欠かせないブロッコリーも入って彩りも満点。味噌のコクとコンソメの旨みが合わさり、お子様でも食べやすい味わいに仕上がります。

3. 昆布塩麹からの合わせ味噌の鮭鍋

味の変化を楽しむ、なんとも欲張りな鮭のお鍋のレシピです。最初は昆布と塩麹でシンプルな塩鮭鍋を、次にカツオだしと赤味噌、合わせ味噌を加えて、石狩鍋風を楽しみましょう。具材は鍋の定番、豆腐、しいたけ、長ネギ、白菜などがおすすめです。

鮭のほかは定番の具材ですが、だからこそおだしの旨みを堪能できます。塩から味噌の味の変化、ゆっくり日本酒などと一緒に味わいたいですね。

4. 塩鮭の野菜たっぷり酒粕鍋

大根、にんじん、水菜……と鍋の定番野菜のほかに、独特の香味の野菜セリを使って、体の芯から温まりましょう!塩鮭に加え、豚肉も入って、お腹いっぱいになる酒粕鍋です。白味噌が入った酒粕は食べやすく、ご飯にかけて丼としていただいてもおいしいですよ!

セリは取り分けてから加えても、鍋で火を通してもおいしいですよ。

5. 鮭とかぶの豆乳鍋

特集

SPECIAL CONTENTS