主食におすすめ!ポレンタの基本レシピ&おいしい食べ方

ふんわりもちもちとした食感のポレンタ、食べたことはありますか?朝食やブランチにちょうどよいポレンタはイタリアではポピュラーな食べ物。今回はポレンタの特徴や食べ方、おいしいレシピまでご紹介。よかったらぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年10月19日 更新

そもそも「ポレンタ」とは?

みなさんは「ポレンタ」をご存じですか?ポレンタはイタリアでパンなどと同じように主食として親しまれている食べ物です。

日本では知らない方も多いポレンタについて、どんなものでできているのか?食べ方や味など、ポレンタのことをご紹介します。

材料はコーンミール

イタリア北部の伝統料理のポレンタ。パンの代わりとして親しまれていますが、料理の付けあわせに使われることも多い食べ物です。マッシュポテトのような見た目ですが、とうもろこしの粉が主な材料。

ちなみに、クロアチア語では「シュガンツィ」、ルーマニアでは「ママリガ」、ハンガリー語では「プリスカ」と呼ばれています。牛乳を入れるものや入れないものなど、若干作り方は変わりますが、とうもろこしが主な材料なのは同じです。

ふんわりもちもち食感

ポレンタはとうもろこしの香りがかすかにしますが、クセがなく何にでも合うので、濃い味の料理との相性がよいです。ソーセージと合わせて食べるのもおいしく、食感はやわらかく、モチモチ。たまにとうもろこし粉のざらざらとした舌触りも特徴です。

ポレンタの基本レシピ

ポレンタの作り方をご紹介します。ポレンタは市販されている専用の粉で作るのが簡単で一般的です。ポレンタ専用の粉といっても、原材料はとうもろこしを挽いた粉です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Temi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう