連載

食べすぎ注意!「リッツチョコサンド」の甘じょっぱさは不安になるほどクセになる

以前SNSで話題になったリッツでチョコをサンドするアレンジを、「リッツチョコサンド」としてモンデリーズ・ジャパンが商品化!あの甘じょっぱくてクセになる味わいをどう仕上げたのか、実食レビューでご紹介します!

SNSでも話題だった「リッツチョコサンド」デビュー!

「リッツチョコサンド」がついに発売!

Photo by macaroni

リッツにチョコレートクリームをはさんで食べるチョコサンド、つくったことがある方も多いんじゃありませんか?

以前SNSで話題になったこのアレンジ、当時は「簡単♩」「クセになっちゃう!」という声があとをたたず、マネをする人が次々と現れました。

そんなリッツのチョコサンドを求める声に応えるカタチで誕生したのが、2017年9月11日(月)に発売されたこの商品。ほんのりと塩気がきいたリッツクラッカーとチョコレートが生む甘じょっぱさは、どのような形で製品化されたのでしょうか。実食レビューでご紹介します。

お店で見つけやすいパッケージ

リッツチョコサンドの箱です。

Photo by macaroni

こちらが「リッツチョコサンド」のパッケージ。どこかで見たような……と思った方は、それもそのはず。以前から発売されている「リッツチーズサンド」とデザインはほぼ同じです。

ただし、リッツにはさまれているクリームはやはりチョコレート色。右上には「チョコクリームサンド」と書かれていて、派手ではなくとも商品としての特徴はしっかりアピールされています。
リッツチョコサンドの中にはパッケージが2つ。

Photo by macaroni

箱を開けると、中には「リッツチョコサンド」が9枚入ったパックが2つ(枚数は目安)。中身のパックにもしっかり商品名やイラストがフルカラーでプリントされているんですね。

ちなみに、「リッツチョコサンド」は2枚あたり92kcal。ひとりでひと箱全部食べたら1日分の必要カロリー量をほぼまかなえちゃう……と考えると、食べすぎには注意したほうがよさそうです。とはいえ、リッツって食べはじめると止まらないんですよねぇ……。

「リッツチョコサンド」を実食!

これがリッツチョコサンド。

Photo by macaroni

こちらがパックの中に入っていた「リッツチョコサンド」。食欲をそそる色合いですね!これを見ると条件反射的に食べたくなってしまいます。
中にはしっとりとしたチョコレートクリームが。

Photo by macaroni

サンドされているチョコクリームはこれくらい。少ないようにも見えますが、これが適量ということでしょうか。クリームなので当然ですが、固形のチョコよりやわらかく、しっとりなめらかな質感です。
リッツチョコサンドを実食。

Photo by macaroni

さっそく一枚食べてみると、リッツならではのバリッと小気味いい歯ごたえ!この食感とほどよい塩気がリッツの魅力ですよね。

続けてチョコクリームの濃厚な風味がやってきて、口の中が甘じょっぱい味でいっぱいに。塩気とチョコって意外性のある組み合わせですが、この味わい、猛烈にクセになりそうです。

加えて、さすが公式に開発された商品だけあって、味のバランスもいい感じ。食べる前には少なくも見えたチョコクリームの量ですが、まさしく適量でした♩

「オレオ クリスピー 抹茶ラテ」も発売中

同時発売の「オレオ クリスピー 抹茶ラテ」も食べてみました。

Photo by macaroni

ちなみに、販売元のモンデリーズ・ジャパンは、「リッツチョコサンド」と同日の2017年9月11日(月)から「オレオ クリスピー 抹茶ラテ」も発売中です。食感がよくてほどよい厚みの「オレオ クリスピー」の日本限定フレーバー。パリッとした3mm厚のクッキーは、抹茶のほろ苦さとラテの甘さをバランスよく感じられるクリームと絶妙な好相性でした。こちらもクセになる味わいですよ♩

おいしいからこそ食べすぎにはご注意を♩

「リッツチョコサンド」の商品イメージ。

Photo by macaroni

SNSで話題になったアレンジがどう商品化されたのか、注目しながら実食しましたが、さすがという完成度!リッツとチョコの組み合わせをより好きになりました。

甘いお菓子なのにおつまみっぽい食べ心地で、お茶受けはもちろんお酒のお供にするのもよさそう!シンプルな造りの商品なので、今度はこれを使ってアレンジレシピを考えてみるのも楽しいかもしれませんね!
(文・写真:植松)

特集

SPECIAL CONTENTS