やみつきコリコリ食感♩「山くらげ」の食べ方や名前の由来を紹介

山くらげという食べ物をご存知でしょうか?コリコリとした食感が魅力的な、ちょっと珍しい不思議な食べ物です。今回は山くらげについてと、おいしく食べられるようになるレシピをご紹介しますよ。気になっている方は、ぜひ試してみては?

2019年3月25日 更新

そもそも「山くらげ」の正体とは

なんとこの「山くらげ」は、ステムレタスという茎レタスの仲間。あまり見かけないかもしれませんが、実は生産地が埼玉、山形、青森と限られており、その生産量もごくわずかだからなんです。この茎部分は収穫するまで土の中に隠れており、食感はアスパラのようにシャキシャキと歯ごたえがありますよ。

このステムレタス自体ではなく、乾燥させた商品を「山くらげ」とするのが一般的。「山くらげ」のほかには皇帝菜などと言われることもあるようです。はるか昔、清王朝の時代、中国ではステムレタスは皇帝に献上するような希少価値の高い野菜だったらしいのです。

コリコリとした食感とさっぱりとした味わいなので、さまざまな食べ方をすることができます。

山くらげの語源は?

一見するとくらげとはなんの関係もない、このステムレタス。なぜ乾燥させたものを「山くらげ」と呼ぶようになったのでしょうか。

ステムレタスを乾燥させる際、繊維に沿って長細くカットしてから乾燥させます。一説によると、その見た目がくらげを乾燥させる工程に似ていることから「山くらげ」と言われるようになったとされています。

また一説には、歯ごたえそのものが海のクラゲに似ているからそう呼ばれるようになったとも言われています。とはいえ、海で水揚げされるクラゲではなく、畑や山間部で作られるため「山」をつけて「山くらげ」と呼ばれるようになったそうですよ。

山くらげの食べ方

「山くらげ」をよく水で洗い、たっぷりの水につけて戻します。最低でも3時間ほどは水につけておくことをおすすめします。

時間がない場合は40度前後のお湯に1時間ほど漬けて戻すだけでもOKです。戻す時間が長くても、歯ごたえは損なわれませんのでご安心くださいね。

山くらげのレシピ3選

1.山くらげの和え物

見た目がとても鮮やかで、お酒のお供に相性ピッタリな和え物です。マヨネーズのクリーミーさにヨーグルトのほのかな酸味が加わり、食が進みます。

明太子のピリ辛さはご飯ともお酒とも相性がよさそうです。山くらげは戻したものを、3回ほど水洗いしましょう。トッピングに柚子の皮やカボスの皮を加えると香りもよくなり、風味もアップします。

2.山くらげと蓮根と豚肉の炒め

歯ごたえのしっかりとした山くらげとれんこん、豚肉を香り良いごま油と甘辛なたれで炒めたひと品。ピリ辛な味付けも良いですね。ごはんのおかずにピッタリです。

3.山くらげとにんじんのきんぴら

山くらげは熱を加えても食感が損なわれません。きんぴらにする際、細切りにしたにんじんや乾燥した小エビを加えると、アクセントになり、風味が一段とアップしますよ。ごま油の香りにそそられて、ご飯もたくさん食べられそうです。

お子様が食べる場合には唐辛子を使わずに作りましょう。大人は食べる直前に唐辛子を少々ふりかけると味わいに締まりが出ます。お好みで白ゴマをトッピングすると、おしゃれな小鉢料理になりますね。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう