女性に人気の「サングリア」とは?飲み方や作り方を徹底リサーチ!

「サングリア」とはどんな飲み物か、詳しく知っていますか?お酒が苦手な方でも飲みやすいと、人気のカクテルなんです。赤・白ワインを使って、自宅でも簡単に作れるんですよ。今回はサングリアの度数や作り方、おすすめの飲み方などをご紹介します!

女性に人気のワインカクテル「サングリア」

女性や、甘いお酒が好きな方に人気の「サングリア」。ワインは苦手だけれど、サングリアは好きという方もいらっしゃるのではないでしょうか?フルーツがたっぷり入った見た目も、女性心をくすぐりますよね。

フルーツの組み合わせによって、味が変わるのも楽しみのひとつ。女子会やママランチでも人気のカクテルのひとつなんですよ。

そんなサングリアについて、もっと知りたいと思いませんか?

サングリアと自宅で楽しむ時の注意点

サングリアとは、ワインにフルーツやスパイスを漬け込んだ、ワインカクテルのことを指します。ここでは、サングリアの名前の由来や気になる度数、ご家庭で楽しむ場合の注意点についてまとめてみました。

名前の意味

名前の由来はスペイン語の「sangre」で、「出血」「血」などを意味する言葉です。赤ワインで作ることが多かったため、見た目の印象からそう呼ばれるようになったという説があります。

なお、白ワインで作られたものは、スペイン語で白を意味する「blanca」から「サングリア・ブランカ」(sangría blanca)と呼ばれます。

サングリアの度数

ワインにフルーツや炭酸水を入れて作るサングリア。飲みやすいと感じるのは、これらでアルコール分が薄くなることと、甘さとフルーティーさがプラスされるから。ワイン自体の度数が変わるわけではないので、飲みすぎには注意が必要です。

ちなみに、ワインによって異なりますが平均的なワインの度数は、ビール5%に対し10~15%のものが多いようです。

酒税法について

自家製で作る時は、20度以上のアルコールで、消費の直前に混和して飲む場合に認められています。営業・販売目的で作る場合は、無免許製造となり違法となりますのでご注意ください。詳しくは下記国税庁のHPを確認してみてくださいね。

サングリアの作り方

シナモン香る赤ワインのサングリア

りんごやバナナ、オレンジなど、手軽に手に入るフルーツを使った赤ワインのサングリア。砂糖を少し加えることで、赤ワイン独特の渋みが和らいで飲みやすくなります。

風味をアップさせるのに加えるのは、シナモンスティック。スパイシーな中にも甘さを感じる香りが、ワインとフルーツの味を引き立ててくれます。お手頃価格のワインが、ぐっと本格的なサングリアに大変身です。

キュウイたっぷり白ワインサングリア

ざく切りにしたキウイとハチミツをしっかり混ぜ合わせたものに、ワインを注いで、最後にミントで飾り付けしたおしゃれなサングリア。鼻に抜けるミントの香りが良いアクセントとなって、清涼感を味わえるカクテルになりそうですね。

トマトで作るサングリア

こちらは、なんとトマトを使って作るサングリア。赤ワインとトマト、レモン汁を一気にブレンダーでかき混ぜたら出来上がり!はちみつを加えて甘さを調整してくださいね。トマトの酸味と甘酸っぱさがワインに溶け込んだ、新感覚なサングリアをぜひ試してみて。

サングリアの飲み方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう