無限キャベツの気になる味わいはいかに……?

Photo by milkpop

作っている最中はなんとも思わなかったのですが、こうして盛り付けてみるとドイツ料理によく添えられている「ザワークラウト」にもちょっと似ていますね。

キャベツのカサは当初よりだいぶ減り、少ししんなり。切ったときはあまりの量に戸惑いましたが……これくらいならなんとか食べられそう。

Photo by milkpop

ふわんと漂ってくるごま油の香りに食欲をそそられ、できたてをさっそくひと口。

ん?結構しっとりしてる……?と思いきや、咀嚼してみるとしっかりとしたシャキシャキ感。噛めば噛むほどしらすの旨味とごま油の風味がきいてきて、お箸がとまらなーい。全体的に味はあっさりしているのですが、そのせいか全然飽きません。

Photo by milkpop

胡椒のピリッとした刺激もきいていて、これは確かにおつまみっぽいかも。「さて、そろそろお酒の出番かな?」と思いお皿を見てみると……な、ない。わたしの無限キャベツがない。記事を執筆しながら食べていたせいか、いつのまにか完食していたようです……。

お行儀が悪いと知りつつも、名残惜しくお箸でお皿をコツコツ。だれか、このキャベツが無限に沸くお皿とか発明してくれないかな……。食べる前は半信半疑でしたが、一度にペロリと完食してしまう人がいても納得の中毒性でした。

諦めきれず無限キャベツのアレンジを決行!

1.「ラー油」でさらにおつまみ度アップ

Photo by milkpop

目の前には空っぽのお皿と冷たいハイボール。欲求を抑えきれず、ボウルに残った無限キャベツを使ってアレンジを決行しました。まずはよりお酒に合うよう、上からラー油をたらり。刺激的な香りにゴクリとのどが鳴ります。

お酒を片手に思いっきり頬張ると……か、辛い。でも旨い。いや結構辛い。慌ててお酒で流し込み、今度は控えめにもうひと口。しっかりとした旨味が土台にあるからか、辛くてもお箸が進む~。一度に食べる量には注意が必要ですが、これは大正解でした。

2. パスタには「レモン汁」をちょい足し

Photo by milkpop

お次はゆでたパスタにゴマ油を絡め、上に無限キャベツをトッピング。しらすとキャベツのペペロンチーノとかありますし、これは絶対においしいでしょう。期待に胸を膨らませつつ、フォークで巻いてパクリ。

すごく……ぼやっとした味です。麺に合わせるにはインパクトに欠けるのかも。試しにレモン汁を垂らしてみると、これがヒット。味にメリハリが出てさっぱりおいしくいただけました。これ、暑い日におすすめです。

無限キャベツのアイデアレシピ3選

1. ポリポリ。フライドオニオン入り無限キャベツ

フライドオニオン・コンソメキューブ・マヨネーズを使用する無限キャベツです。フライドオニオンのポリポリ食感と甘味がキャベツとマッチしますよ。食べるたびににんにくがふわっと香って、さらに食欲を掻き立てます。時間が経って、味がしみた無限キャベツもたまらないおいしさ。

2. 味しみ。梅昆布茶の無限キャベツ

レンジで加熱すればすぐできる、お手軽なレシピです。材料をすべてポリ袋に入れ、半日置いておくだけで完成。白ごまの香ばしさと、梅昆布茶の酸味・旨味がやみつきになります。常備菜としても活躍しますよ。

3. 魅惑のごま油。韓国のり入り無限キャベツ

韓国のりはそのまま食べてもおいしいですが、和え物に使用してもOK。のりとごま油の風味がキャベツをつつんで、匂いだけでお腹が空いてきます。麺つゆを使うので、味付けの調整が簡単なのも嬉しいですね。お好みで酢をプラスすれば、ひと味違った味わいになります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ