手作りできるんだ!?「きびだんご」の作り方&名前の由来

「桃太郎さん~お腰につけたきびだんご~♪」で有名なきびだんご。今回はそんなきびだんごの作り方と、おすすめの食べ方、そして「きびだんご」という名前の由来をご紹介します。意外と簡単に作れるので、これを機に手作りしてみませんか?

2018年6月14日 更新

岡山名物「きびだんご」の作り方

材料(直径4〜5cm・15個分)

・もちきび 50g
・水    60cc
・塩    小さじ1/3杯
・白玉粉  100g
・砂糖   大さじ2杯
・水    60cc

作り方

1. もちきびを耐熱ボウルに入れて水(分量外)で洗い、水に漬けたまま30分おいておきます。

2. 1の水を切って新しい水60ccと塩を入れ、ラップをします。500Wの電子レンジで4分加熱し、そのまま10分蒸らします。水分がまだ残っているようなら、追加で1分加熱しましょう。

3. もちきびをすり鉢に移し、すり潰します。食感を楽しみたい方は、この工程は省いてもOKです。

4. 別のボウルにもちきび、白玉粉、砂糖、水60ccを加えて練ったら、15等分にして丸めます。

5. 沸騰したお湯に4を投入し、ゆでていきます。浮かんできたらすくい取り、冷水に移しましょう。

6. お好みで串に刺したり、器に盛り付けて完成です。

きびだんごの食べ方

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Temi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう