ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

ハワイで人気のガーリックシュリンプを自宅で!

ハワイ料理と言えばパンケーキが有名ですが、同じく大人気なのが「ガーリックシュリンプ」。バターやにんにくで風味豊かに炒めたエビは、シンプルなのに絶品の味わいなんですよ♩ ハワイで食べたことがある方も、まだ一度も食べたことがない方も、手作りの味にハマってしまうこと間違いなし!普段用にはもちろん、色合いがキレイなので、おもてなし料理にもピッタリです。盛り付けを工夫すれば、自宅でハワイアンカフェのような雰囲気も味わえます。

ガーリックシュリンプとは

ガーリックシュリンプは、エビの養殖が盛んなハワイで生まれた名物料理です。現地の人からはB級グルメとして愛されており、ノースショアやワイキキなど、観光地ではたくさんの名店が並びます。ガイドブックでも必ず紹介されるほど人気で、ハワイに行ったら必ず食べておきたい料理のひとつ。 今回は、ハワイに行かなくても本場の味が楽しめるレシピをご紹介します!お家でアロハ気分を味わってみてくださいね。

ガーリックシュリンプの基本レシピ

Photo by donguri

お家にあるシンプルな材料で作れる、ガーリックシュリンプの基本レシピ。殻つきエビを手作りソースで炒めるだけなので、20分ほどの調理時間でサクッと作れますよ。 作り方自体はとっても簡単ですが、殻つきのままエビの背ワタを取るのにコツがあるので、そこだけしっかりと覚えましょう。

材料(2人分)

Photo by donguri

・エビ      250g ・バター     20g 【ソース】 ・にんにく    2片 ・オリーブオイル 大さじ2 ・塩こしょう   少々

作り方

1. エビは、殻つきのまま塩水でしっかりと洗う。

Photo by donguri

2. 頭から尻尾の方向に向かって、キッチンバサミで切り込みを入れる。

Photo by donguri

3. 切り込みの割れ目から背ワタを取り除く。

Photo by donguri

4. キッチンペーパーで水分をしっかりとふき取る。

Photo by donguri

5. にんにくをみじん切りにし、【ソース】の材料をボウルに合わせよく混ぜる。

Photo by donguri

6. 5のボウルにエビを入れ、冷蔵庫で1時間ほど漬け込む。

Photo by donguri

7. フライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、エビの両面を焼く。このときボウルからエビだけを取り出し、ボウルに残ったソースはそのままにしておく。

Photo by donguri

8. エビに火が通ったら、残ったソースとバターを加える。

Photo by donguri

9. バターが溶けて、全体にソースが絡まればできあがり!

Photo by donguri

ガーリックシュリンプを作るときのコツ

本場は殻付き、食べやすさ重視なら殻なし

殻から旨みや香りが出るので、本場のガーリックシュリンプは殻つきのまま調理するのが基本。 ただ、食べるときに手が汚れてしまうので、子どもやおもてなし用に作る場合は、殻をはずして食べやすくしてもOKです。その場合は最初に殻をはずしたあと背ワタをとり、基本のレシピ通りに調理してくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS