ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

サンドイッチの美味しい作り方!

「サンドイッチ」って、いつもどうやって作っていますか?簡単に作れる軽食の定番ではありますが、時間が経つと水っぽくなってしまったり、なかなか売っているもののようにはいかない奥深いお料理ですよね。 そこで今回は、ツイッターで今話題沸騰中の「サンドイッチの美味しい作り方」に注目!特別な材料は一切使っていないようですが……あるコツをおさえるだけでおいしくなるそうです。本当にいつもよりおいしいサンドイッチになるのでしょうか!? 気になる違いを実際に作って確かめてみました。

SNSで共感を呼んだ3つのコツとは?

きっかけは、なかのひと的な。さん(@devergnodee)のこちらのツイート。おいしいサンドイッチを作るには、どうやら「限りなく薄いパン」「水滴のない食材」「恐るべき量の油脂」の3つがポイントのようです。
残りふたつは良いとして、問題は塗りたくらなければならないカロリーの塊「油脂」……!寄せられていたコメントにもあるように、確かにポテトサラダのコツとも似ていますね。やはり、おいしいものは脂肪と糖でできているのでしょうか……。
ツイートを見たみなさんの反応は「超わかる」「おっしゃる通り」など、共感している方ばかり。なんとパンに関しては、6枚切りを自ら半分の厚さにカットしている猛者もいらっしゃいました。妥協なきおいしさへの追及が、もはやかっこいい!
作者さん曰く「味がついている油脂ならば大体いける」そうですが、時間を置くのであれば油分が多いほうがいいとのこと。ならば今回は時間を経ってもおいしい「最強のサンドイッチ」を実現させようではありませんか!油分の多いバターでさっそく実践してみました。

実際に作って試してみました!

Photo by milkpop

ツイートには具材の種類については書かれていなかったので、サンドイッチの中でもメジャーな部類である「BLT」でチャレンジ!さらに味を比較すべく、同じ材料で作り方を変えてふたつ作ってみました。

材料(2人分)

Photo by milkpop

・サンドイッチ用食パン……4枚 ・レタス……2枚 ・トマト……1個 ・ベーコン……4枚 ・からしバター……適量(今回は全部で22g使用) ・マヨネーズ……適量

作り方

Photo by milkpop

1. ベーコンに焼き色がつくまで、軽くフライパンで炙ります。

Photo by milkpop

2. レタスは冷水で洗い、キッチンペーパーで挟み込むようにしっかり水気をふき取りましょう。中心部に特に水滴がたまりやすいので、見逃さないようご注意くださいね。

Photo by milkpop

3. トマトを横にし、5mm程度の厚さにカットします。種はほとんどが水分なので、今回コツを実践する用のものはすべて取り除きました。

Photo by milkpop

4. すべてのパンにからしバターを塗ります。画像左がコツを実践し8g塗ったもの、画像左がいつもの作り方で3g塗ったものです。

Photo by milkpop

5. ベーコン、レタス、トマト、マヨネーズの順で乗せ、パンで少し押し付けつつサンドします。

Photo by milkpop

6. ラップでぴっちりとくるみ、冷蔵庫で休ませれば完成です!

普通に作ったサンドイッチと比較してみた

Photo by milkpop

冷蔵庫に入れて30分経ったところでラップごと半分にカットし、さっそく比較!ううむ……材料が同じなせいか見た目はほとんど変わりませんね。 しいていうなら種を取り除いている分トマトの見た目が異なりますが、本当にそのくらい。見た目じゃ判断がつきそうにないので、いざ実食!
Photos:15枚
サンドイッチの俯瞰
サンドイッチの材料
ベーコンを焼いてる画像
しそをペーパーで挟んでいる写真
トマトの中身をくりぬいた写真
たっぷりバターをぬったところ
パンにバターをぬったところ
普通につくったサンドイッチ
サンドイッチを持ち上げている写真
バターをチーズで代用したサンドイッチ
一覧でみる

特集

FEATURE CONTENTS