1. キャベツとウインナーのトースターオムレツ

キャベツとウインナーをたっぷり使ったオムレツです。トースターで焼いてできるので、お手軽簡単。食欲のない朝も、カレー風味が食欲をそそるこのオムレツならパクパク食べられそう。

2. ウィンナーとアスパラの和えるだけパスタ

パスタもレンジだけで作れます。アスパラとウィンナーはカットして大きなタッパーに入れ、水を加えてレンジで加熱。この時、蓋をしないで温めるのがポイントです。柔らかくなったら、お湯を切りにんにく風味のソースをかけていただきます。レシピは1人前ですが、2人前なら単純に倍量するだけ。夏の暑さに疲れた時に簡単に、そしてにんにくパワーも注入できるひと品です。

3. 焼肉のタレマヨうどん

茹でうどんを使うと、レンジで簡単にボリューム満点の焼肉風味おかずが作れます。お皿の上にクッキングシートを敷いて、材料や調味料加え包んで温めるだけ。マヨネーズをかけて頂きましょう。クッキングシートの代わりに、シリコン容器を使って作ることができますよ♩

4. 塩昆布マヨチャーハン

チャーハンを作る時、強火で何度も煽る作業はとても大変ですよね。このレシピなら、レンジで簡単にチャーハンが完成します! クッキングシートにご飯をのせ、マヨネーズと材料をかけてから包み温めましょう。たったこれだけで、塩昆布の旨味が効いたウィンナーチャーハンが完成しますよ。加熱時間を増やせば、冷ご飯を使っても作る事ができるので、残ってしまった冷ご飯を消費したいときにも良いですね。

5. ナポリタン風やきそば

ソース味の焼きそばに飽きたら、ナポリタン風にアレンジしましょう。耐熱容器にやきそば用の麺を入れ、材料と調味料を入れてふんわりラップで加熱。仕上げに、チーズをかければ完成です。濃厚な味が好きな人は、調味料を増やすなど簡単にお好みにアレンジできるのも嬉しいところ。焼きそば用の麺を使うのは驚きですが、案外ケチャップたっぷりの焼きそばもイケますよ!

ウインナーはレンジ調理が賢い♩

レンジを使ったウィンナーの調理法はとても便利でしたね。どれも調理手順が簡単で、何と言っても時短になります。忙しい朝や疲れて帰った時は、とても助かりますよね。 また、難しい火加減の必要が無いのも嬉しいポイント。ご自宅のレンジによって多少の違いはありますが、レシピ通りに作れば、ほぼ失敗無く完成します。 ウィンナーは、大人から子供まで人気の食材です。レンジを使って手軽に調理をすれば、さまざまなシーンで食べる機会が増えるでしょう。ご紹介したレンジを使った温め方やレシピを参考にして、ウィンナーをもりもり食べて下さいね。
▼電子レンジをもっと活用しよう!

編集部のおすすめ