爆発を防ぐには?失敗しないためのコツ

水分と空気を抜くこと!

カニクリームコロッケを作ったことがある方は、揚げるときに爆発した経験がある方も多いのではないでしょうか。失敗を防ぐのに大切なのは、しっかり水分を飛ばしたタネを作ること。フライパンでソースを温めるときに、サラサラからドロっとした状態になるのが目安です。 成形時に空気を抜くのも重要!ひとつ分のタネを取ったあと、両手でキャッチボールをするように空気を抜いたら、さらにギュッと手の中で押し当てるように形を作りましょう。

衣をしっかりつけよう!

クリームコロッケは普通のコロッケより具がやわらかく、扱いにくい特徴があります。タネを冷蔵庫で冷やすことで成形しやすくなりますし、同時に衣がつけやすくなりますよ。 爆発の危険性をさらに低くするには、衣を二重につける方法も。通常通り小麦粉→卵→パン粉の順につけたら、さらに溶き卵→パン粉の作業を加えてから揚げてください。

たっぷりの油で揚げよう!

カニクリームコロッケは、下から上へあがってくるのが完成の目安です。加熱のしすぎは焦げだけでなく、爆発の原因にもなってしまいます。コロッケが浮いてくるできあがりのサインが分かるように、油はたっぷりと使用しましょう。 また、一度に多く揚げようとしないことも大切です。お鍋の大きさに合わせて、コロッケが重ならない量で揚げてください。

長時間揚げない!

コロッケが浮いてきたら、できあがりはもうすぐです!30秒ほど時間をおけば、中までアツアツのクリームコロッケが完成♪ コロッケを油に入れてから揚がるまでのトータル時間は、だいたい2分ほどと覚えておきましょう。長く油の中に入れておくと、爆発するおそれがあります。

カニクリームコロッケの保存方法

カニクリームコロッケは成形したタネに衣をつけた状態で密閉し、冷凍保存することができます。保存期間は3週間ほど。 タネを寝かせる時間も含めるとかなり調理時間のかかる料理なので、作りたい日が決まっているときは、時間に余裕があるときに用意しておくと便利ですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ