4位. 映画館で食べるポップコーンを忠実再現「濃厚キャラメルポップコーン」

Photo by Masami Ohyama

袋を開けた瞬間広がる香りに、映画館で売っているキャラメルポップコーンが思い出されます。キャラメルは厚めにかけられており、カリカリっとした噛み応えの後に、キャラメルのほろ苦さと甘さ、ちょっぴりと感じる塩味のバランスがクセになるおいしさ。

テレビやビデオを見ながら、気軽に食べるおやつにおすすめです。チャック付きの袋になっているので、保存に便利ですが、気が付いたらなくなっていることもたまにあります。
商品情報
価格:149円(税込)
内容量:52g
エネルギー:240kcal

3位. あの銘菓とそっくり「濃厚クリームのレーズンサンド」

Photo by Masami Ohyama

クッキー生地にバタークリームと、レーズンがサンドされています。北海道六花亭の「マルセイバターサンド」とそっくりと、評判のお菓子です。六花亭のものよりも、レーズンがたっぷりと入っており、クッキーの食感がしっかりしているのが特徴。

ラム酒で漬け込まれたレーズンが使用されており、大人向け。おやつとしてもいいのですが、ワインやお酒のアテにもなりますよ。
商品情報
価格:365円(税込)
内容量:3個入
エネルギー:183kcal

2位. あの名店とのコラボ「香ばしシリアル&ミルキーショコラ シュガーバターの木」

Photo by Masami Ohyama

有名な東京土産のうちのひとつ「シュガーバターの木」の製造メーカー「銀のぶどう」と共同開発した商品です。シリアル入りの歯ごたえのある生地の間には、たっぷりのミルクショコラのクリームがサンドしてあります。

生地のパリパリ食感とやさしい甘さのクリームで、ほっとひと息つきたいときに食べると、元気が出ますよ!定番の味のほかに、さわやかな甘酸っぱさが楽しめる「瀬戸内レモン&はちみつ」もおすすめです。
商品情報
価格:246円(税込)
内容量:3個入
エネルギー:95kcal

1位. ひと手間かけて絶品スイーツ「濃厚くちどけのガトーショコラ」

Photo by Masami Ohyama

カカオの含有量が多いクーベルチュールチョコレートを材料に作られた、ガトーショコラです。甘さは控えめチョコが濃いのが特徴。かなりしっとりとした仕上がりですが、付属のフォークで手を汚さず食べられるのもポイントです。

さらに、500Wの電子レンジで20秒ほど温めて食べると、フォンダンショコラのようにとろーりとろけて、チョコレートの濃厚さや甘さ、香りがさらにアップ!季節や気分に合わせて食べ方を変えてみてね。
商品情報
価格:300円(税込)
内容量:4切入(2切×2パック)
エネルギー:187kcal

バリエーションにとんだセブン-イレブンのお菓子をぜひ!

Photo by Masami Ohyama

セブン-イレブンには、お手頃価格のお菓子から本格的な和菓子、洋菓子までさまざまな商品がそろっています。コンビニではスイーツに注目が集まりがちですが、自分へのご褒美やちょっとした差し入れや手土産にもなる商品も。

今回紹介したランキングを参考に、お好みのお菓子を見つけてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
Photos:11枚
セブン-イレブンのお菓子「風味豊かなひとくちチーズタルト」をお皿に移したところとパッケージ
セブン-イレブンの「きんつば」を皿に盛りつけたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「宇治抹茶使用 ひとくち焼きショコラ」を皿に並べたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「金のしっとりバウムクーヘン」を皿に盛りつけたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「ラングドシャ ホワイトチョコ」のパッケージと開封しお皿にのせたたところ
セブン-イレブンのお菓子「いもあんを包んだ和風スイートポテト」を半分に切り皿にのせたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「濃厚キャラメルポップコーン」をボウルに移したところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「濃厚クリームのレーズンサンド」を半切りにして皿に盛りつけたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「香ばしシリアル&ミルキーショコラ シュガーバタ」を半切りにして皿に盛りつけたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子「濃厚くちどけのガトーショコラ」を皿に並べたところとパッケージ
セブン-イレブンのお菓子を菓子鉢に並べたところ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ