材料(2本分)

Photo by milkpop

・豚バラ肉スライス……2枚 ・みたらし団子……2本 ・塩……少々 ・胡椒……少々

作り方

1. お団子についたタレをスプーンの背でそぎ落とします。完全に取り切れなくても大丈夫ですが、しっかり落とすと巻きやすく、焼くときに油跳ねしにくくなりますよ。

Photo by milkpop

2. 豚バラ肉をらせん状にクルクルと巻き、巻き終わりを下にしてフライパンにのせます。上から塩と胡椒を強めに振り、しっかりと味をととのえましょう。

Photo by milkpop

3. 油は引かず、そのまま加熱します。片面に焼き色がついたら箸で転がしながら、全面カリッとするまで中火で焼きましょう。転がしすぎてお肉が剥がれないようご注意くださいね。

Photo by milkpop

4. 最後にそぎ落としたタレを上からかけ、ツヤをだしたらできあがりです。

Photo by milkpop

▼動画でも作り方をチェックしてみてくださいね

「肉巻きみたらし団子」いざ実食!

Photo by milkpop

まずは香りからチェックしてみましょう!鼻を近づけると、漂ってくるのは脂の焦げた香ばしい匂い。スイーツではなく、完全におかずの匂いです。焼肉に近い食欲をそそる香りに……思わずゴクリ。でも、みたらし団子は一体どこ……?甘く懐かしい面影がなく、一抹の寂しさを感じます。

Photo by milkpop

お団子の名残を探しつつ、意を決してガブッとひと口。……あ、甘い!この味は完全にみたらし団子!豚肉の脂の旨味と塩気が加わることで、さらに奥深くこってりとした味わいになっています。 例えるなら、甘めの豚丼に近いでしょうか?焼くことによってお団子がより柔らかくなっていて、カリッとした豚肉との相性もいい感じ!

Photo by milkpop

ただ、ひとこと申し上げていいのであればものすごく食べにくい。豚肉が噛み切れずスポッと抜けてしまい、最終的に別々に完食しました。これで食べやすければ完璧なんだけどなぁ。両想いなのにすれ違っている美女と野獣のような……なんというか惜しい感じです。 分類としては「おやつ以上おかず未満」といったところでしょうか?おやつにしてはボリューミーですし、おかずにしては甘すぎるような気がします。しかしシンプルなので、アレンジ次第では無限の可能性が開けそう!

ちょこっとアレンジしてみた♩

マヨ七味でこってり感アップ!

Photo by milkpop

さっそく無限の扉を開くべく、アレンジにチャレンジ!まずは上にマヨネーズを絞り、七味を振りかけてみました。 マヨネーズの酸味と、七味のピリッとした辛さがきいていておいしい!夜店のメニューにありそうな、こってりとした懐かしい味わいです。すでに3本目なこともあり若干クドさを感じますが、冷たいビールによく合いそう!

しそチーズで風味をプラス♩

Photo by milkpop

胃の重たさは気のせいだと思うことにして、今度は焼きあがった肉巻きみたらし団子にスライスチーズ半分とシソを乗せてみました。 頬張った瞬間、広がるのはシソの爽やかな香り。思わず「ふふっ」と笑いが漏れてしまうくらいおいしい!チーズが入っているのでコクはアップしているのですが、シソの風味のおかげで全くクドさを感じません。

おろししょうがで生姜焼き風に…!?

Photo by milkpop

最後はちょっぴり期待しているおろし生姜♩焼いているときに小さじ1/2杯ほど混ぜてみました。予定では生姜焼き的な味になるはず……なのですが、果たしてどうでしょうか? ほんのり生姜の香りを感じながらひと口!豚の香ばしい香りと甘じょっぱいみたらしの味が口いっぱいに広がりました。おいしい……けど、普通というかインパクトがない。うーん、単純に生姜の量が少なかったのでしょうか?おかずやおつまみとして食べるときは、塩胡椒やアレンジは強めにしたほうがよさそうです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ