ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)の食べ方

ドラゴンフルーツを食べたことはありますか?沖縄や南の島などリゾート地で食べたことがあっても、常備しているという方は少ないかもしれません。でも、独特な見た目をしている鮮やかなピンクの果物は、一度見たら忘れることができず、興味がある方も多いことでしょう。ドラゴンフルーツとは一体、どんな食べ物なのでしょうか? 見た目のインパクトが強すぎて、食べるのに抵抗があった方。実際はさっぱりとした食べやすいフルーツなので、ぜひチャレンジしてみましょう。今回は、ドラゴンフルーツのおいしい食べ方や切り方、そして簡単に楽しめるレシピまで詳しくご紹介します!

そもそもドラゴンフルーツとは?

ドラゴンフルーツはもともと、メキシコや南米北部で自生していたフルーツです。現在は台湾など東南アジアの国々でも栽培が盛んで、日本にも輸入されています。また、沖縄では露地栽培されており、鹿児島・宮崎など九州南部ではビニールハウスで栽培されています。 ドラゴンフルーツと言えば、何といってもそのユニークな見た目で知られていますよね。熱帯地域に生息するサンカクサボテンの果実の総称で、皮が龍のウロコのように見えることから、ドラゴンフルーツという名前で呼ばれています。 実を切ってみると、中はトロリとした半透明の果肉に黒くて小さな種が全体に散らばっています。 食感はシャキシャキしていて、酸味は弱く、爽やかな甘みです。 ビタミンB群を豊富に含んでいます。ドラゴンフルーツは病虫害や不良環境に強く、栽培にはほとんど農薬が使われないため、健康志向の方にも注目されています。

ドラゴンフルーツの種類はさまざま!

ドラゴンフルーツにはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか?実を切ってみると果肉は白・赤・ピンク、皮がイエローのものと、たくさんの品種があります。 ドラゴンフルーツのことを「ピタヤ」という名前で知っているという方もいるはず。ピタヤと呼ばれるのはベトナムが原産の果肉が白いホワイト種で、一番多く流通している品種です。形はレッド種より細長く、味は赤いものよりさっぱりとしていて甘みが強いのが特徴です。 果肉が赤いレッド種は台湾が原産の品種です。皮だけでなく、果肉まで鮮やかな赤い色をしていますが、味はさっぱりとしていてシャキシャキの食感が楽しめます。赤い果肉には多くのポリフェノールが含まれています。この種類の果汁は天然色素として口紅や染料に使われることもあり、服などに付いてしまうと取れにくいので注意が必要です。 ピンクはドラゴンフルーツの新種で、甘みやジューシーさがさらにアップしています。2007年に沖縄で品種登録された、新しいブランド品種の「ちゅらみやび」は大玉のものが多く、高級な贈答品としても用いられています。 皮が黄色で果肉が白いイエロー種は、赤や白よりも甘みが強く、酸味はありません。 ひとくちにドラゴンフルーツと言っても、さまざまな種類があり、それぞれに異なる特徴があるんです。 手に取るときには、ぜひ果実の色にもこだわってみてくださいね。

皮の剥き方と切り方

ドラゴンフルーツはどうやって食べるのでしょうか?まずは、おいしく食べるための皮の剥き方と実の切り方をチェックしましょう! 1. 実を縦半分に切ります。 2. さらに半分に切ります。この時点でスプーンですくって食べるのもいいでしょう。 3. 手で両サイドからペロッと皮を剥きます。 4. 食べやすい大きさにカットし、フォークで食べましょう。 皮は硬くて剥きにくそうなイメージもありますが、実際は手で簡単に剥けてしまうのがうれしいですね。

おすすめの食べ方

切り方・皮の剥き方がわかったところで、次に、ドラゴンフルーツのおすすめの食べるをご紹介します。そのまま食べるのはもちろん、いろいろなおすすめの食べ方があります。いつもそのままで食べているという方は、ぜひ試してみてくださいね!

冷やしてそのまま

新鮮なドラゴンフルーツを冷やして食べる一番簡単な食べ方です。 食べる1時間ほど前に冷蔵庫で冷やしてから、スプーンで食べましょう。 また、食べるときに少し柑橘果汁を振りかけると、酸味が加わったジューシーな味わいになります。

特集

FEATURE CONTENTS