1分の秒速仕上がり!レンジで簡単「半熟卵」を作る注意点やコツまとめ

半熟卵を作るとき、お鍋を使うのを面倒に感じたことはありませんか?今回は、レンジを使った作り方をご紹介!500Wで約1分温めるだけであっという間にできあがります。便利な100均アイテムを使った方法もあわせてチェックしてみてくださいね♩

2017年11月2日 更新

ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

レンジで半熟卵ができる!

とろける黄身が絶品の半熟卵ですが、お湯を沸かして作るのは面倒ですよね。トッピングに使うことの多い半熟卵なのに、コンロをまるまるひとつ使うのも悩みどころ……。
そこで今回は、レンジを使って手軽に半熟卵を作る方法をご紹介します。お湯を沸かす手間もありませんし、調理中コンロがふさがっていても問題なし。500Wのレンジで約1分温めるだけなので、時短もできちゃいます。
失敗しないコツや、100均の便利グッズを使った作り方も合わせてチェックしていきましょう!

半熟卵の作り方(卵を直接水に入れる)

Photo by donguri

これからご紹介するレシピは、温泉卵ではなく半熟卵というのがポイント!程よく黄身が固まるので、めんつゆをかけてそのまま食べるのはもちろん、サンドイッチの具材などにもピッタリなんですよ♩コツさえ覚えれば失敗知らずのシンプルな作り方です。

準備するもの

Photo by donguri

・卵…1個 ・水…100cc ・耐熱性のマグカップ…1個

作り方

1. マグカップの中に水を入れて、そこに卵を割り入れる。

Photo by donguri

2. 爪楊枝で黄身を刺し、そっと抜く。この方法で黄身の5箇所に穴を開ける。

Photo by donguri

3. ラップはせずにレンジに入れ、500Wなら1分10秒、600Wなら1分、700Wなら50秒温める。

Photo by donguri

4. お湯が冷めるまで少し待ったら、スプーンを使ってそっと取り出してできあがり!

Photo by donguri

爆発しないポイント・注意点

レンジで卵を温めると、爆発してしまう危険性も。それを防ぐためには、次のことに注意しましょう。まずは、卵の黄身に穴を開けておくこと。もうひとつは、水から卵が露出しないようにすることです。小さめのマグカップや湯飲みなどの容器を使って、卵がしっかり隠れるようにしてくださいね。
さらに、加熱のしすぎも厳禁です。まずはレシピの表示時間を守って、卵がゆるい場合は5秒ずつ様子を見ながら加熱しましょう。

半熟温泉卵を作る場合

半熟温泉卵を作る場合は、加熱時間を短くすればOK!500Wで1分、600Wで50秒、700Wで40秒というように、10秒ずつ短くしましょう。レンジの機種によってできあがりに差が出る場合もあるので、短めの加熱時間から程よい加減を探してみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS