連載

クセがすごい…!コク旨『イカのワタ焼き』でお酒がすすむ♩

スルメイカの旬は5〜9月。せっかく生の新鮮なスルメイカが流通する旬の時期は、冷凍ものを食べるよりフレッシュな味を堪能しましょう。今回は、イカのワタを使ってつくる、ちょっとオトナな味わいの一品。イカワタの濃厚なコクで、お酒がすすみます♩

生スルメイカの「ワタ」を活用!

5〜9月はスルメイカの旬!新鮮な生スルメイカが手に入る時期は、その味わいを楽しめる調理法を選びたいものです。

そこで今回ご紹介するのは、生スルメイカならではの「ワタ(内臓)」を使ったレシピ

捨ててしまっている方もいるだろうワタですが、濃厚で、コクがあって、大人にはたまらない旨味が詰まっているんですよ。あん肝やカラスミ、イカの塩辛など「ちょっとクセのある味」が好きな人にはたまらない味ですよ!

『材料シンプル♪イカのワタ焼き』の作り方

分量(2人分)

スルメイカ 1杯
サラダ油 小さじ2
塩 少々
A 酒 小さじ1
A 醤油 小さじ1/2

作り方

①背の方に親指を入れ、胴と内臓の接合部分を指で引き剥がす。
胴に何もついていない状態にします。包丁は使わなくても、指で胴と内臓の間をかき分けるようにすると。すんなり分かれます。

ここでしっかり中まで引き離しておかないと、内臓を引き出したときに内臓が全て抜けず、ちぎれたりするので注意。
②左手でエンペラ、右手でゲソの部分を持ち、ゆっくりと引っ張る。
③軟甲を取り除き、胴の中を水洗いする。
軟甲は透明で細長いもののこと。やや硬く口当たりを損なうので、取り除きましょう。

また、内臓を引き出した時に、内臓の先端が中に残ってしまった場合は、この時に流水で洗い流しながら掻き出しましょう。
④内臓を可食部と不可食部に分ける。
写真の左側はイカの食べた消化途中の餌が入った胃です。ここは食べられません。右側が可食部の肝臓(ワタ)なので、つなぎ目の部分で切り落としましょう。

また、写真では胃に消化中のものが沢山詰まっていますが、空っぽの状態もあります。
⑤胴、内臓、目(くちばし含む)、ゲソに切り分ける。
⑥切り分けたワタを包丁で切り開き、塩をまぶして5分ほど置く。
塩をまぶして置くことで、臭み取りになります。塩は切り開いた時の表面にまんべんなく振りかけましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS