楽しみ方3種類!ぷるるん「ビールゼリー」で父の日をドッキリ風にお祝い♩

インスタでいま大流行中のビールゼリー。いったい、どんな材料でできているのでしょうか?味は?作り方は?今回は大注目のビールゼリーについて、徹底調査しました。さっそくレシピを含めて詳しく見ていきましょう。うまくできたら、父の日ギフトにしても♩

まるでビールなゼリーが大人気!

いまInstagramなどのSNSを中心に、「ビールゼリー」というスイーツが話題になっています。おいしそうに冷えたビールだと思って手に取ると、なんとぷるんぷるんのゼリー!傾けてもこぼれません。

ほろ苦いビールのような見た目で味はスイーツ、というこのギャップがおもしろいですよね。これなら、ビールが苦手な人やお子さんでも一緒に楽しむことができます。ここではそんなビールゼリーの、気になる味や作り方などをご紹介しますね。

ビールゼリーがSNSを中心に話題に

ビールゼリーの見た目は、まるでビールそのもの。フードサンプルのように本物そっくりで、誰もが間違えてしまいそうなビジュアルです。

本物のビールで作ってもよし!りんごジュースで食べてびっくり感を狙ってもよし!ビールとりんごを混ぜてもよし!のユニークなレシピなんですよ♩りんごジュースで作った場合、食べてみると甘くておいしいリンゴゼリーの味がします。こどものビールを飲んだときのような、味のギャップに驚きです。
ビールゼリーは、2017年5月16日放送のNHK『あさイチ』でも紹介され、SNS上でも話題騒然です。
「気になる」「作ってみたい」「食べたい」など、興味を示すコメントが続々と寄せられています。
「ビール飲めないけど試してみたい」「お父さんに作ってあげたい」など、実際に作ってみたくなった人も多いようです。

ビールゼリーの作り方

ビールゼリーのレシピには、本物のビールを使って作る大人向けタイプと、リンゴジュースで代用するノンアルコールタイプ、ビールとリンゴジュースを半々でブレンドするタイプの3種類があります。

いずれも作り方は同じなので、アルコール度数に応じてお好きなタイプをお試しください。ビール100パーセントで作っても、はちみつやゼラチンを溶かすために半分以上は熱してアルコールを飛ばすので、度数は低めですよ。

材料

・ビール(またはリンゴジュース)……200ml
・粉ゼラチン……5g
・はちみつ……大さじ3
・レモン汁……小さじ1

作り方

1. 鍋にビール(またはリンゴジュース)150mlとはちみつを入れて火にかけ、沸騰直前まで熱したらレモン汁を加えます。水大さじ2を加えてあらかじめふやかしておいたゼラチンを加え、泡立て器でよく溶かしましょう。

2. ボウルに移して、氷水をはったひとまわり大きいボウルに重ねてあら熱を取ります。残りのビールを加えて泡立て器ですばやく混ぜ、ビールの泡を作りましょう。

3. グラスやジョッキに入れ、上部にきれいに泡をのせてください。グラスに注ぐときに一気に入れないと、泡が消えてしまうので要注意。泡が足りないようなら、ボウルに残った分を再度泡立ててのせましょう。

4. 冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

みんなの作ったビールゼリーをチェック♩

1. ラベルで感謝を伝えよう

こちらのビールゼリーは、炭酸オレンジジュースで作ってあるそうです。お父さんへの誕生日プレゼント用とのこと。手書きのラベルまで貼ってあり、愛情が伝わってきますね。

特集

SPECIAL CONTENTS