ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

簡単で綺麗なアボカドの剥き方

みなさんはアボカドの皮をどのように剥いていますか?リンゴを剥くようにされている方もいるようですが、もっと簡単な方法があるんですよ。 身近な道具を使って、1分もあればできてしまうアボカドの剥き方をご紹介します。種も皮もするっと処理できて、アボカドを扱うのが楽しくなっちゃうかもしれません。

よりおいしくアボカドを食べるには?

食べごろのアボカドって?

アボカドの食べごろの際の特徴は、濃い緑で黒みがかっているもので、シワがなくハリとツヤがあり、固くも柔らかくもなくやや弾力があるものです。つまり、形がキレイで弾力があり黒みのある濃緑のアボカドが食べごろのアボカドです。

剥きやすいアボカドの特徴

固いアボカドよりも熟したアボカドの方が皮は剥きやすいです。熟れていないアボカドは油脂が少ないため、皮や種をきれいに取り除きにくいのです。買ってきたアボカドが熟していない場合は、自宅で追熟させるとよいですよ。

追熟方法

アボカドを追熟させるには常温保存が基本。ただし室温が27度以上の場所では傷みやすくなりますので、真夏の時期などは注意してください。 冷蔵庫に入れてしまうと追熟が止まってしまいます。夏場などは1日程度常温で保存し、すぐに食べない場合には野菜室で保存するとよいでしょう。また、リンゴやバナナと一緒にビニール袋に入れて保存をすると追熟を早められます。ご自宅にりんごやバナナがあれば試してみてくださいね。

アボカドは生で食べれる!

アボカドの調理方法って、意外とご存知ない方が多いのではないでしょうか。サラダの具材として見かけることがあるように、アボカドは生で食べることが可能です。もちろん、焼いて食べてもおいしいですよ。

特集

FEATURE CONTENTS