3. イワシのカリカリソテー

家計に優しいイワシは積極的に食べたいお魚ですね。カリカリに焼くことで食感がアップして、何匹でも食べたくなりそうです。 まずは頭やウロコを取って、お腹を開きます。ワタを出し、骨を取って下準備をしておきます。イワシの身側にマスタードを塗って片栗粉をまぶします。フライパンで皮面から焼き、両面に火を通します。フライパンに残った油を半分ふき取り、ドレッシングの材料を軽く煮立たせ完成です。爽やかな味わいと、マスタードの辛みで食欲アップしそうです。

「お肉」メニューを追加

カレーうどんに合うお肉料理は、和風の味付けにすると食べやすくなります。お肉の旨みを味わいながら、カレーうどんを食べてみたくなるレシピです。小鉢で食べるとちょうどいい、カレーうどんを引き立ててくれそうな味わいです。

1. 牛肉とまいたけのしぐれ煮

Photo by macaroni

冷めてもおいしい牛肉を使ったレシピです。酒やみりん、砂糖、しょうゆで煮汁を作り、一口大に切った牛肉とまいたけを入れて煮込み、しょうがの千切りを加えて完成です。辛いのがお好きな方は、煮込む段階で赤唐辛子を入れるのがおすすめ。ピリッとした辛さがアクセントになっておいしくなりますよ。

2. 長芋の豚肉梅ロール

豚薄切り肉を使った食べごたえのある料理です。まな板に豚肉を広げて塩コショウをします。茶こしなどで小麦粉をふりかけ、梅ペーストと長芋をクルクル巻きます。フライパンに油をひき、巻き終わりを下にして焼いていきましょう。箸で転がしながら全体が焼けたら調味料で味付けて完成です。

3. ささみのワサビマヨ和え

グリルを使って焼いたシンプルで食べやすい味です。ささみ肉は筋を引いて厚みを半分に切り開く、下味をつけます。グリルでささみを焼いて食べやすい大きさにカットします。ワサビマヨネースを付けて食べましょう。大人が喜ぶカレーうどんの献立メニューです。

やっぱり相性抜群の「ご飯」を追加

お腹いっぱいになりたいならカレーうどんと炭水化物のセットがおすすめ!外食でも見かけるセットですね。炊き込みご飯にすればボリュームもアップして、食べごたえがあります。炊き込みご飯は材料を入れて炊飯器のスイッチをオンするだけ。手間が少なく簡単に仕上がります。

編集部のおすすめ