脚を持つのはマナー違反!? ワイングラスの正しい持ち方とは?

多くの人が勘違いしているワイングラスの正しい持ち方をご紹介します。ワイン通の人でも脚の部分を持つ方が多いと思いますが、実は世界的に見るとマナー違反なんだとか。と言ってもソムリエも脚を持って回しますよね。日常はどうすべきかも解説します。

ワイングラスの正しい持ち方、知っていますか?

ワイングラスの持ち方について、おそらく多くの日本人は脚を持つのが正しいと思っているでしょう。しかしそんな考えを打ち砕く驚くべき新事実が判明しました。
脚部分を持つのは、テイスティングの際にグラスから、ワインの色や粘性を観察するための持ち方なんだとか。

ただし、一般的な日本の書籍には見た目もエレガントに見えますし、温度変化も少ないことからレストランでも脚部分を持つのがルールと記載されていることが多いようです。

実はマナーとしてはボウル部分が正解!

国際的に見ると公式な晩餐会のマナーとして、ボウル部分を持つのが正しいとされています。
では、
コレも!
これも!
これも間違いということ!?
じゃあよくソムリエの田崎真也さんが脚を持ってくるくるワインを回してるのは何なのでしょうか。
これは、少量のワインを入れて、テイスティングの際に色や香りを見定めるための持ち方だったんです。よって、一般的にはボウル部分を持つことが正式なルール、というわけなんです。
また、慶應義塾大学ビジネス英語担当講師・慶應義塾大学外国語教育研究センター所員の日向清人さんによると、
日本ではワイングラスはステム(脚)の所を持つのが正しいマナーとして一般化していますが、実は、上の一連の写真の通り、グラスはまるいボウル部分を持つのが正しいマナーなんだとか。

間違った知識が浸透した背景には、ワインブームの折にソムリエさん達がテイスティングをしている姿をテレビなどで見て、真似をする人が増えそのまま常識になっていった、と言います。

なぜステム部分を持つのがNGなの?

そもそも、なぜステム部分を持つのがNGなのでしょうか。

諸説あるようですが、まず一つ目に、ボウルを支えるステム部分を持つことで、乾杯時や実際口に運ぶ時に不安定となり、隣りの方へふとした拍子にワインをこぼしてしまう恐れがあるためです。それを回避するためしっかりと掴めるボウル部分を持つことがマナーとなった説。
もう一つは、現在のようにシンプルなワイングラスが流通する前、ステム部分にデザインが施されたワイングラスがありました。その歴史は、15世紀後半頃まで遡ります。金色のカラーや華美な装飾がされたワイングラスの人気が高まり、上流階級の晩餐会でよく使用されていたんだそう。

職人の技術が詰まったワイングラスは、ステム部分にも細かなデザインがなされ、その箇所を持つことは、せっかくの装飾が隠れてしまうこと、また大変繊細なデザインもあったため、壊れてしまわないよう、ボウル部分を持っていたんだとか。そんな背景があり、ボウル部分を持つのが公式のマナーになったと言われているようです。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS