レシピでよく見る「バター大さじ1」って何グラム?「小さじ1」は?

レシピを見ると「バター大さじ1」という量。これって何グラムかご存じですか?バターで固形だし、計量器で計るのも面倒……そんな人、必見!バター大さじ1杯や小さじ1杯のグラム数、計量器がないときの計り方まで詳しくお伝えします。

レシピで見かける「バター大さじ1」

料理本などでよく見かける「バター大さじ1」。最近は、グラムごとに個包装されているバターやカットしやすいよう切り込みが入れられているバターもありますが、「大さじ」と言われると少々混乱してしまいますよね。

このバター大さじ1杯、グラムに直すとどれぐらいなのでしょうか。カロリーはどのぐらいでしょうか。ちなみに「小さじ1」は?

知っていると料理をする際に役立つバターの量について、詳しく見ていきましょう。

バター大さじ1杯、何グラム?

バター大さじ1杯っていったい何gだと思いますか。結論から言うと、答えは約12gです。この目安がわかっていれば、料理で応用もできますし、いちいち計らずにすみますね。

ひと箱の1/16

市販で販売されているバターのほとんどは200g程度です。そのため、だいたい16等分すると、ちょうど大さじ1杯分になります。あらかじめ切り分けておけば、スムーズに料理ができてとってもラクですね。

切り分け方はとっても簡単!まず、縦横半分に切って4等分にします。さらに半分に切って8等分に、さらに半分にカット。これで大さじ1杯が出来上がります。とても簡単ですよね!たいして手間もかからないため、調理時の便利さを考えるとカット保存しない手はありません。

溶かしバター大さじ1杯

マフィンやスコーンなどのお菓子作りをする際、溶かしバターが必要になりますよね。溶かしバターが必要な時は、大さじ1杯(バター約15g)がベスト!固形より多少重くなるようです。

溶かしバターはフライパンや鍋などで作ると、焦がして失敗してしまう可能性があります。電子レンジで加熱したり、予熱中のオーブンの上で作ると失敗が少なくてすみますよ。
▼賞味期限が切れたバター、大丈夫?

バター大さじ1杯のカロリー

バターと一口に言っても、有塩や無塩によってカロリーは異なります。保存期間や特徴も合わせてみていきましょう。

有塩バター

有塩バター大さじ1杯のカロリーは、約90kcalです。通常、家庭で使っているバターはこのタイプがほとんどでしょう。

食塩を加えたバターなので、そのまま食べてみると塩の風味が感じられ、調味料としても使えるバターです。保存期間は未開封で6か月程度。メーカーや商品で多少異なりますが、バターの中に入っている食塩の量は1.5%ぐらいと言われています。スーパーなどで買える200gのバターには、約3g弱の食塩が含まれていることになりますね。

無塩バター

無塩バターの大さじ1杯のカロリーは約91kcalです。有塩バターに比べると、カロリーがほんの少しだけ高いことがわかります。「無塩」というものの、原料の生乳には微量の塩分が含まれているため、全く塩を含まないというわけではありません。あくまで食塩を加えていないものということで、「食塩不使用バター」と表記されることが多くあります。

食塩が入っていない分保存期間が少し短くなり、未開封で5か月程度です。食塩をほぼ使用してないため、妊婦さんや血圧が気になる人でも安心して使えます。バター本来の風味を生かしたお菓子やパン作りに向いています。

計量器がないときの計り方

軽量スプーンがなかったり、そもそも計量器を持ってなかったりしても、身近にあるペットボトルのキャップを利用して計ることができます。このやり方を覚えれば、目分量で味付けをして失敗してしまったということも避けられますよ。

目安は、ペットボトルのキャップ2杯分=大さじ1杯。1つのキャップで約7.5cc入ります。大さじ1杯が15ccとなるため、キャップ2杯分でちょうどということですね。

この他、ティースプーンでも計ることができます。ティースプーン一杯で約5ccなので、ティースプーン3杯分でも代用できます。ただし、ペットボトルのキャップに規格がないということを知っておかなければなりません。

もともとペットボトルは、アメリカで開発されたペットボトルの飲み口サイズを採用し、現在もそれを使用しています。規格や規制がないため、平行輸入品など他国規格で製造されたキャップは、サイズが異なる可能性があるため注意が必要です。
▼分量がわかったところで、バターライスはいかが?

小さじ1杯は何グラム?

ちなみに小さじ1杯は何グラムに相当するのでしょうか?

小さじ1杯のバターは、約4g。液体や粉末を計るのは難しくないですが、バターやミソのような固形物は計量スプーンだと計りにくいですね。

しっかりと隙間のないよう、スプーンの中に詰めて平らにして計りましょう。料理をおいしく仕上げるためにもきちんと計ることが大切です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう