ローディング中

Loading...

生姜焼きは家庭の定番メニュー。でも、お肉はどの部位を選んだら良いのだろう……と悩んでしまうことはありませんか?おいしい生姜焼きを作るのにおすすめの部位や、お肉をやわらかくする方法をご紹介します。今晩は生姜焼きで決まり!

おいしい生姜焼きが作りたい!

生姜焼きを食べた時にお肉が硬くて噛み切れなかったり、ジューシーさがなくパサついたりしてるものは、食べてもおいしくありませんよね。自宅で作る生姜焼きも柔らかくてジューシーにしたい!と、どんな人でも思うはずです。

お肉にさまざまな下処理を施すことも大切ですが、それ以前に、お肉の部位選びも大切なんですよ。やわらかい生姜焼きが食べたい時には、どの部位を選ぶのがベストなのでしょうか?今回はおいしい生姜焼きの作り方を徹底解説していきます!

生姜焼きに一番合う部位は?

おすすめはロース肉

生姜焼きにおすすめなのはロース肉。ロースと一口に言っても豚ロース肉、そして豚肩ロース肉が販売されてますが、どちらも生姜焼きには向いています

豚ロース薄切り肉はさまざまな調理に向いており、ほどよく脂身がありますので扱いやすいですよ。薄切りではなく厚みのあるタイプの豚ロースを選べば生姜焼きだけではなく、ソテーなどにも用いることができますね。

豚肩ロースは豚ロースの薄切りに比べ、脂身が少々多く肉質そのものがやわらかい特徴を持っています。脂身と赤身が適度に混ざっているため短時間で炒める生姜焼きにはとても向いています。

生姜焼きに合う理由

上記のように、ロース肉や肩ロース肉はある程度脂身を含んでおり赤身だけが特徴の肉ではありません。生姜焼きを作る際には時間をかけず短時間で火を通していくので、適度に脂身を持っている部位がちょうどいいんです。

脂身の少ない赤身肉は、強火で火を通すと繊維が縮んでパサパサになってしまうことがあります。これを防ぎ、やわらかい生姜焼きを作るためには、脂身が適度についたロース肉がおすすめなのです。
他の部位の特徴が気になる方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

豚肉をやわらかくする方法

お肉の料理をする際に、どの部位であっても柔らかくする方法があります。さほど時間をかけず柔らかくすることができるので、ぜひ覚えてくださいね!

塩麹につける

塩麹にはたくさんの酵素が含まれており、この酵素がお肉を柔らかくしてくれます。お肉の表面に塩麹を薄く塗り10分程度おいてから、お料理に使うと良いでしょう。ただし塩麹の量によって辛くなってしまうことがあるので、塩麹をたくさんお肉に塗った際には、調理前に塩麹を軽く洗い流す、またはキッチンペーパーなどで取り除いてあげると良いです。

麹の香りは加熱すれば気になりませんので、塩麹が苦手な方でもおいしく食べられるでしょう。

牛乳につける

牛乳につけておくことによってお肉の繊維が柔らかくなります。お肉がしっかり浸かる程度の牛乳の中に、お肉を入れて1時間から2時間程度、冷蔵庫に置きましょう。あらかじめ食べやすくカットしたお肉を牛乳に漬けておくという方法でも構いません。

炒め物に使用する際は、牛乳の成分が跳ねて火傷することがあるので、キッチンペーパーで表面を拭き取ってからフライパンに投入すると良いです。

すりおろした玉ねぎにつける

すりおろした玉ねぎにはタンパク質分解酵素がたっぷりと含まれています。この分解酵素がお肉の繊維を細かくしてくれるので、肉がとっても柔らかくなりますよ。玉ねぎの香りが心配になってしまうかもしれませんが、加熱すると独特な匂いはなくなります。

お肉の表面をしっかりと覆う量の玉ねぎをすりおろし、ラップをかけて30分程度寝かせておきます。玉ねぎのすりおろしがついたものはそのまま調理しても構いませんが、玉ねぎが焦げてしまうこともあるので、心配ならば玉ねぎをふき取ってから調理しましょう。

ここで使ったすりおろし玉ねぎは、その後、お料理に使うことができます。ソテーしたお肉のソースに使ったり、カレーにそのまま投入し、コクと甘みをプラスしたりできますよ。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【女子必見】アンケート結果からわかったモテる差し入れ5選!!

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

しゃぶしゃぶに合う意外すぎるお出汁「3」選

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

千歳烏山「パティスリー ユウ ササゲ」のケーキが可愛すぎると話題

スイーツを購入するとき、味はもちろんですが見た目も重要な要素になりますよね。「パティスリー ユウ ササゲ」のスイーツは、乙女心をがっつりつかんで離さない。そんなときめくキラキラスイーツを提供してくれるお店です。

広島県、宮島「古今果」は必ず再訪したくなる。癒し系和カフェ

観光で訪れる人も多い宮島。宮島のお土産といえばもみじ饅頭ですよね。その、もみじ饅頭を販売している「藤い屋」がカフェをオープンしました。「古今果」は、古き良き和の雰囲気漂う、日本人の心を癒してくれる素敵な和カフ…

連載記事

食べて痩せられる魔法のデトックス。「アーユルヴェーダスープ」レシピ5選

アーユルヴェーダの魅力を発信する連載コラム第5回。今回は、体の内側からキレイになるための、アーユルヴェーダ食の考えを取り入れた「デトックススープ」のレシピをご紹介します。おいしく食べられるうえに体もキレイにな…

ページTOPに戻る