ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュプロフェッショナル(2級)

大阪市在住の主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」の楽しさ、頑張りすぎず「おいしく味わう」ことの大切さを実感。旬の食材を使った料理、季節の…もっとみる

まずはじめに。必要な道具をチェック

Photo by suncatch

使う道具は、デジタルスケール、計量カップ、ボウル、カード、パンこねマット、布巾、刷毛、クッキングシート、ラップです。

・パン生地作りでは、材料を正確に計量することが大切。g単位まで量れるデジタルスケールを使いましょう。
・パンこね用のマットがない場合は、厚み(重量)のあるまな板で代用可能です。
・カードは生地を寄せ集めたり分割する際に使います。ヘラと包丁でもOKです。

ふっくらもちもち!基本のあんぱん

Photo by suncatch

調理時間:120分
保存期間:常温で2日、冷凍で約1か月

手ごねでロールパン生地を作り、あんを包んでオーブンで焼く、基本のあんぱんレシピです。こね・発酵・成形・焼成の4ステップをマスターすれば、手作りパンのレパートリーが広がりますよ。

材料(直径9cm 8個分)

Photo by suncatch

・強力粉……200g
・ドライイースト……3g
・砂糖……15g
・塩……3g
・牛乳……50cc
・水……50cc
・卵……30g
・無塩バター……20g
・つぶあん……240g
・卵(つや出し用)……適量
・黒ごま……適量

下ごしらえ

・バターと卵は常温に戻しておきます。
・水と牛乳を合わせて、30~40℃に温めておきます。(気温の高い季節は、常温でOK)
・あんを30gずつラップを使い丸め、8個分作っておきます。

作り方

1. 材料を混ぜる

Photo by suncatch

ボウルに強力粉と砂糖を入れてさっと手で混ぜます。粉の中央にくぼみを作り、ドライイーストを入れます。

Photo by suncatch

あわせて、温めた水・牛乳を、ドライイーストにかかるように加えます。続いて溶き卵を加え、塩はボウルの端に入れます。

※塩をドライイーストに直接混ぜると発酵しにくくなるたるため、離れた場所に加えてください。

Photo by suncatch

中心のドライイーストを入れた部分から、手でぐるぐると混ぜていきます。(写真左)

最初はポロポロとした状態ですが、しだいに粉がなくなり、ひとまとまりになります。(写真右)

2. 生地をこねてひとまとまりにする

Photo by suncatch

マットに生地をのせ、こねていきます。

手のはらで押し出すように擦り付けてのばす(写真左)
集めてまとめる(写真右)
を繰り返します。

※生地が手やマットに付いて扱いにくいですが、打ち粉をしたり手を洗ったりはしないように。カードやヘラで、寄せ集めたり手からこそげ取ったりしましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ