ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

ベルギーワッフルとアメリカンワッフルの違いは?

ワッフルには、実は「ベルギーワッフル」と「アメリカンワッフル」の2種類があることをご存知でしょうか。違いは、材料と作り方。

ベルギーワッフルは、イーストを使って生地を発酵させて作ります。一方アメリカンワッフルは、ベーキングパウダーを使用するため発酵なしで作ることができます。この記事では、ベルギーワッフルとアメリカンワッフル、両方の作り方をご紹介しますよ!

ベルギーワッフルの基本レシピ

カリッともちもち。ベルギーワッフルのレシピ

ベルギーワッフルは生地を発酵させて作ります。こちらのレシピでは、ホシノ丹沢天然酵母でおこした生種を使用していますよ。

発酵というと大変そうですが、一次発酵のみで成形もないため、パンより手軽に作ることができます。なにより、カリカリもちもちの焼き立てを味わえるので、ぜひ手作りしてみてください。

上手に作るコツ

生地にバターを加える際の混ぜ方で、でき上がりの食感が決まります。しっかり長めに混ぜるとかために、軽く1~2分混ぜるとふんわりした仕上がりになりますよ。

酵母を使うと発酵具合が気になりますが、ワッフルはあまり気にしなくて問題ありません。気軽に試してみてくださいね。

アメリカンワッフルの基本レシピ

サクッと軽い。アメリカンワッフルのレシピ

イーストや酵母を使うベルギーワッフルに対して、ベーキングパウダーでふくらませるアメリカンワッフル。発酵の手間がかからず、生地を混ぜていくだけですぐに焼けるのが魅力です。焼きたてはサクッとふわふわな食感が楽しめますよ。

上手に作るコツ

きちんと計量し、粉っぽさがなくなるまでムラなく混ぜることがポイントです。バターや油を加えたら、なめらかになるまで混ぜましょう。

アメリカンワッフルはベーキングパウダーを使うため発酵いらずで、混ぜて焼くだけ。思い立ったらすぐに作って食べられるのがうれしいですね。

ワッフルのアレンジレシピ8選

1. ホットケーキミックスで!さつまいもワッフル

さつまいもの甘みを感じられるワッフルのレシピ。ホットケーキミックスがあれば、ワッフルをもっと手軽に作ることができますよ。材料を混ぜて焼くだけなので、初めて作る方におすすめ。ゴロっとさつまいもが入っていて、食べごたえも抜群です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ