ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ワッフルは種類も食べ方もいろいろ!

ワッフルとは

ワッフルの語源はオランダ語の「wafel=ハチの巣」で、表面がハチの巣のように格子柄になっているところからきており、のちに英語化して「waffle」となったとされています。 その発祥は、もっとも古いお菓子と言われる18世紀ギリシャの焼き菓子「ウブリ」。このウブリにでこぼこ模様をつけたものが、「ゴーフル」と呼ばれるようになったとされています

種類が豊富

日本で人気のベルギーワッフルには、まるい形で砂糖の粒が入った「リエージュワッフル」と、サクサク軽くふんわりした大きめの長方形の「ブリュッセルワッフル」とふた通りあるんです。 さらに、上の2つに次いで「アメリカンワッフル」は日本のカフェにも並んでいますし、他の国に目を向けてみるとオランダのストロープワッフル、香港のエッグワッフルなどさまざまな種類があります。

ブリュッセルワッフル

特徴

大きめの長方形で、二次発酵がいらないので表面の食感はサクサク、中はふわっと軽いのが特徴です。お皿にのせてフォークとナイフでいただくことに向いていて、朝食にもおすすめ。お高めのホテルに泊まると朝食に出てくることもありますよ。ワッフル自体の甘さは控えめなので、たっぷりと甘めのトッピングをして食べるのが人気です。

人気の食べ方

生地の甘さは控えめなので、たっぷりとトッピングをしていただくのが人気♪粉糖や生クリームだけのシンプルなものから、チョコレートやキャラメルシロップをたっぷりと垂らしたり、フレッシュなフルーツや、コンポートされたもの、アイスクリームなどと、まるでクレープのようにたっぷりトッピングをしていただくのがおすすめですよ。味わいもさることながら見た目にも華やかで彩りよくいただくのがポイントです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS