むね肉が驚くほどジューシーで柔らか!「旨辛よだれ鶏」の作り方

よだれが出るほどおいしいと言われている四川料理・よだれ鶏のレシピをご紹介します。鶏むね肉は余熱で調理することで、パサパサにならずに驚くほど柔らかくジューシーに仕上がります♩晩酌のお供にぜひ作ってみてください。

2017年4月8日 更新

ライター : macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。新商品や美容系のコラムや百貨店情報、レシピ動画を配信しています。

ピリ辛ソースは、茹でた豚肉や野菜にかけても美味しい♩

辛党がつくる、よだれが出るほど旨い「よだれ鶏」のレシピをご紹介します。鶏むね肉は茹ですぎると固くなってパサパサしてしまうので、火を止めてから余熱調理するのが柔らかく仕上げるポイントです! この時に、冷蔵庫から出してすぐの冷たいお肉を使うと、お湯の温度を一気に下げてしまって中まで火が通らなくなるので注意してくださいね。調理で使ったお湯は、鶏肉の旨味が出ているのでスープなどに使うといいですよ ♩ ※辛いものが苦手な方は赤唐辛子や花椒の量を減らして作ってみてくださいね

よだれ鶏の材料

■鶏むね肉…2枚 《タレ》 ■ごま油…大さじ1 ■花椒…小さじ1/2 ■ニンニク(すりおろし)…小さじ1/2 ■しょうが(すりおろし)…小さじ1 ■砂糖…小さじ2 ■鶏がらスープ(顆粒)…大さじ1 ■赤唐辛子(粉末)…小さじ2 ■みりん…小さじ2 ■紹興酒…大さじ1 ■黒酢…大さじ2 ■醤油…大さじ3 ■オイスターソース…大さじ1 ■水…40ml ■ラー油…大さじ3 《トッピング》 ■白髪ねぎ…1本分 ■ピーナッツ…適量 ■いりごま…適量 ■糸唐辛子…適量

つくり方

① 鍋にお湯をたっぷりと沸かし、沸騰したら火を止める。 ② 室温に戻した鶏むね肉を入れ、フタをして25分~30分置いておく。 ③ 鶏むね肉を氷水につけて冷やし、食べやすい大きさにカットする。 ④ 鍋にごま油・花椒・ニンニク・しょうがを入れて弱火でじっくりと香りを出す。 ⑤ 残りの《タレ》の材料を全て入れ、一煮立ちさせる。 ⑥ 器に③の鶏むね肉を盛り付け、白髪ねぎをのせて上からタレをかける。 ⑦ 荒く刻んだピーナッツ・いりごま・糸唐辛子をトッピングすれば完成。
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS