ローディング中

Loading...

切り干し大根の上手な戻し方、ご存じですか?生の大根にはない栄養素がたっぷり詰まった切り干し大根は、戻し方次第で、おいしく栄養価を損なわずに調理することができます。いま流行のヨーグルトで戻す方法や煮物以外のアレンジレシピもご紹介!

戻し方が決め手!おいしい切り干し大根

旨味がギュッと詰まった切り干し大根。煮汁がよく染みた切り干し大根は、懐かしい“おふくろの味”ですよね。乾物なので長期保存もできて便利。しかも、切り干し大根には、生の大根よりも栄養素がたっぷり含まれていて、健康食品としても注目の品です。良質の食物繊維やカルシウムが多く含まれているヘルシー食材なのです。

そこで今回は、切り干し大根の美味しい戻し方や活用レシピをご紹介します。他にも、いま流行の“ヨーグルトで乾物をふっくら戻す方法”や“レンジで超時短の戻し方”などもまとめてみました。どれもちょっとしたコツなのでぜひ試してみてくださいね。

切り干し大根の戻し方

1.もみ洗い
切り干し大根は、水で戻す前に、水で洗い流す必要があります。手でもみ洗うように、数回水を変えながら洗ってください。もみ洗いすることで、乾物特有の臭いも減り、味も染み込みやすくなります。

2.たっぷりの水を用意
切り干し大根に限らず、乾物を戻す時はたっぷりの水で戻すようにしましょう。少量の水だとふっくらな食感になりません。切り干し大根を戻す際には、およそ3倍の量の水で戻すようにしてください。

3.15〜20分かけて戻す
戻す時間も長ければ長いほど良いというわけではありません。商品パッケージに記載されている通りに戻すことが良いですが、煮物として使用する場合の目安としては15〜20分が良いでしょう。

4.水気をしぼって適度な長さにカットする
しんなりとしたら、水気をギュッと絞って適当な長さにカットし、お料理に使いましょう。

戻し方のコツ

長時間水に浸けすぎると、風味や栄養価が失われてしまったり崩れやすくなったりします。あまり長時間浸けすぎないように注意しましょう。また、和えものに使う場合は戻し時間は短めが良いでしょう。シャキシャキとした歯ごたえが残りますよ。
▼こんな料理にもできます♩

ヨーグルトで戻す方法

テレビで紹介されて以来、話題になっているのは乾物をヨーグルトで戻す方法です。想像したこともないので、少しビックリしてしまいますよね。ですが、これには理由があるのです。

従来の水で戻す方法だと、切り干し大根に含まれるビタミンBや水溶性食物繊維、カリウムといった水溶性の栄養が水に流れてしまいます。そこで、ヨーグルトで戻し、ヨーグルトごと食べてしまおうという考えが生まれました。

栄養価が損なわれないだけではなく、ヨーグルトに含まれるカルシウムや食物繊維、鉄分といった栄養素や、乾物の旨味成分もそのまま摂取できると言われています。水分が少ないように感じますが、ヨーグルトに含まれるホエー(水分)によって乾物もしっかり戻すことができるのですよ。

戻し方のコツ

ヨーグルトは、切り干し大根が十分に絡まるくらいの量を用意してください。 切り干し大根の重さに対しておよそ5倍の量が目安です。

まずは、乾物特有のにおいを取るため、ササッと水で洗い流し、水分をペーパータオルなどで拭き取ります。その後、ヨーグルトをしっかり絡めて、冷蔵庫で8時間程度置いておけば完成です。寝る前に仕込んでおけば、朝にはふっくらとした切り干し大根に戻っています

ヨーグルトで戻した切り干し大根は、そのままマヨネーズやツナ、ハムと混ぜてサラダにしたり、細かく刻み薬味のように納豆に入れてみる、など色々な使い道があります。納豆とのコラボレーションは、ダブルの発酵食品効果でさらに健康に良さそうですよね!

電子レンジで戻す方法

忙しい方やお子さんがいらっしゃる方は、20分でも戻す時間が惜しい!ましてや8時間なんて下準備できない!という方もいるはず。そのような時には、電子レンジで戻す方法がオススメ。超時短で切り干し大根を戻しましょう。

戻し方

耐熱容器に切り干し大根と水1カップを入れて、電子レンジで加熱するだけ。500wで約4〜5分程度で良いでしょう。加熱後は流水でササッと洗って、乾物のにおいを洗い流しましょう。水に浸ける必要がないので栄養価も流れにくく、一石二鳥ですね。

戻し汁は捨てないで!

茶色い戻し汁は独特のにおいがするため、捨ててしまう人もいるかと思います。しかし、捨てるのは勿体ない。旨味が詰まった万能のだし汁に大変身するんです!

だし汁には、切り干し大根から溶け出した栄養素がたくさん含まれていますので、汁ごと飲めば溶け出した栄養価も摂取できます。だし汁は色々な使い方ができるので、捨てずに再利用してみてください。

お味噌汁のダシに利用

お味噌汁のダシに使ってみましょう。玉ねぎなどの甘い野菜や乾物であるワカメ、油揚げといった食材との相性が良いですよ。もちろん切り干し大根自体も一緒に具材として入れてもおいしいです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

もっちり「トッポギ」の人気レシピ13選!本格韓国料理をお手軽に◎

アレンジレシピ 韓国料理 レシピ まとめ

定番かつ人気の韓国料理「トッポギ」。実は、自宅で簡単に作ることができるんです!甘辛いタレでいただくイメージが強いですが、どんな味付けにも合う優れもの◎ スイーツにも変身するんですよ。今回は、そんなトッポギの基…

お家で簡単パティシエ気分♩本格「フロランタン」のレシピを詳しく解説!

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

簡単おしゃ見え!「鯛のカルパッチョ」のレシピ&ソース別アレンジ7選

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

おうちで手作りできる♩自然派おやつ「干し芋」の作り方!

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

人気ブロガー「るぅ」さんのおかずレシピ♡「8」選

まとめ

アメブロやレシピブログで人気の「るぅ」さんのおかずのレシピを8選しました。手に入りにくい食材などを使わず、豪華に見えるアイデアが素晴らしいんです♡

お米にマッチする美味しい『和のおかず』 - 白ご飯.comレシピ「8」選*

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

美味しく賢くヘルシーに♪厚揚げを使ったおかずレシピまとめ

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

暖かな日差しに誘われて♩紅茶香るスイーツレシピ9選☆

スイーツ レシピ ホットケーキミックス シフォンケーキ まとめ

春もいよいよ本番。あたたかい時間に紅茶を使ったスイーツなんていかがでしょう?さくっと作って極楽ティータイム♪お休みの日に楽しんでいただきたい、そんな紅茶スイーツレシピを集めてみました。

これがフレンチトースト?チーズケーキ風に変身アレンジレシピ「5」選

レシピ フレンチトースト チーズケーキ レモン アレンジレシピ まとめ

食べたらまるでチーズケーキのようなフレンチトーストがあります。いつものフレンチトーストにちょっと一味加えたら食感、味ともにチーズケーキのように仕上げることができますよ!休日の朝ごはんに♡おやつタイムに楽しめる…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

簡単にできちゃう!香り豊かな「ホタテのガーリックソテー」のレシピ

レシピ にんにく

にんにくの風味も豊かなホタテのガーリックソテーのレシピはいかがですか?15分もあればできちゃうそうです。ホタテはバターソテーはよく耳にするように思いますが、もちろんにんにくでもおいしそうですね。このレシピでは…

人気店を網羅!神戸でおすすめのパン屋さん7選

神戸 パン サンドイッチ パン屋 まとめ

朝食はパン、おやつにもやっぱりパンを食べたい……そんな方におすすめの神戸で人気のパン屋さんを厳選してご紹介します。パン好きの人も満足必至のお店ばかり!パンめぐりもおすすめですよ。事前予約できるお店もあるのでぜ…

おしゃれに安く盛り上がる横浜で女子会におすすめのお店7選

横浜 女子会 まとめ おしゃれ

横浜の女子会におすすめのお店を7店ご紹介します!おしゃれなのはもちろん、女子向けプランや女子だけのメニューがあるお店や、個室、飲み放題コースのあるお店まで、幹事さんは必見なお店をご紹介します。いつもの女子会が…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る