家庭用フライパンで!ステーキ肉のジューシーな焼き方

今回は、自宅にあるフライパンで安いステーキ肉をおいしく仕上げる焼き方をご紹介します。お持ちのフライパンや一般家庭の火力でも、コツをおさえればお肉をジューシーに焼けますよ。下準備からおすすめの食べ方までまとめたので、ぜひ試してみてくださいね。

失敗しない!自宅で作る絶品ステーキ

ご家庭でプロ級のジューシーステーキを焼くとなると、なかなか難しいですよね。しかし、失敗しがちなフライパンを使ったステーキも、コツさえ掴めば、簡単にお店で食べるような仕上がりになりますよ。そこで今回は、お持ちのフライパンでおいしく本格的なステーキを焼くコツをご紹介します。

ステーキ肉の焼き方_下準備

1. お肉は常温に戻す

お肉は常温に戻してから焼きましょう。常温に戻してから焼くと、表面と内側の温度が均一になり、生焼け防止、またしっかり焼こうと表面だけ焼きすぎて、お肉が固くなってしまうことも防げます。

もし冷蔵庫から出してお肉が冷たいまま焼いてしまうと、あっという間に表面だけに火が通り、内側は生焼け状態、肉汁も流れ出てしまうことが多いでしょう。お肉は冷蔵庫から出したら、最低でも30分は常温においてから焼くようにしてください。

2. 硬い筋を取り塩胡椒をふる

ステーキ肉を触った時に、明らかに硬い筋がある場合は切っておきましょう。ステーキ肉が常温まで戻ったら、焼く直前に塩胡椒をふって味付けをします。早い段階から味付けをしてしまうと、ステーキ肉の旨味が逃げてしまうので注意してください!

3. フライパンをよく熱しておく

お肉を常温に戻し、表面と中の温度が一定になったお肉は、よく熱したフライパンで焼きましょう。お肉の表面を一気に焼きあげることで、肉汁をお肉の中に閉じ込めることができます。お肉をのせたときに、ジューッという大きな焼き音がする位にフライパンは熱してください。

なお、テフロン製のフライパンは強すぎる火で炒めるとテフロン加工がはがれてしまう可能性がありますが、鉄製またはステンレス製フライパンは、熱々に熱しても表面加工をしていないため、はがれることはありません。

4. 焼き油として牛脂を用意する

ご家庭にあるサラダ油などでお肉を焼いても問題はありませんが、よりおいしくいただく場合は、牛脂を使うのがおすすめ。牛脂を使うことで、風味よく焼きあげられるんですよ。焼肉用のお肉にはパックの中に添付されていたり、牛肉を買うと無料で牛脂をもらえたりもしますよね。よかったら一度牛脂を使って焼いてみてくださいね。

ステーキ肉の焼き方_調理

それでは早速下準備をしたお肉を焼いていきます。ここでも、何点か失敗しないコツがあるので参考にしてみてくださいね。

1. 牛脂・にんにくを強火で熱する

まずは強火で熱したフライパンに牛脂(または油)を入れて薄く伸ばし、にんにくを入れます。香り立ってきたらお肉をゆっくりフライパンにのせましょう。この時、お肉を重なったまま焼くと、お肉に焼きムラが出てしまいます。大きめのフライパンを使って焼くようにするか、少量ずつ焼くとよいですよ。

2. 強火で両面に焦げ目をつける

お肉は表面に焦げ目がつく程度まで、強火で焼いてください。一気に表面に熱を入れ、焼き目をつけることで肉汁を閉じ込めることができます。表裏、どちらにもまずは強火でしっかりと焼き目をつけてくださいね。

3. 火を弱めて中に火を通す

特集

SPECIAL CONTENTS